好きな女性を自然とデートへ誘うための会話テクニック!

好きな女性を自然とデートへ誘うための会話テクニック!

いかに「自然に」デートへ誘うかが重要!

 前回に引き続き、マイナビニュースの連載記事について補足説明します!

 今回は、意中の女性との距離を縮めるには「デートへの誘いにつながる会話をする必要がある」という点について。

 いくら会話を盛り上げることができても、デートに誘えなければ距離は縮まっていきませんし、デートが実現なければ交際に至ることもありません。

 もちろん誘うだけなら連絡先を聞いて後日メールするのでも問題ないのですが、せっかく会話を盛り上げられたのであれば、そのままデートに誘えるスキルも持っていた方がよいでしょう。

 デートに誘う会話をすることで、相手からも「次につながる男性」として意識してもらえるようになります。

 ポイントは、「いかに自然にデートへの誘いにつなげられるか」

 「僕とデートして下さい!」とストレートに誘っても、相手によっては答えづらいもの。なぜなら「デート」の誘いに対してOKすると、自分も好意があると伝えるようなものだからです。

 好意のない相手から「デート」という言葉を使って誘われてしまうと、勘違いさせたり余計な期待を持たせたりしないために、あえて断るという選択をする女性は多いでしょう。

 わざわざ「デート」という言葉を使わずに、会話の流れから自然とデートの約束につなげられた方が、断られる可能性は低くなります。

 そしてこの「自然な会話の流れ」というのは、意図的に作り出すことができるのです。

 まずは流れも何もない、OKしづらい誘い方について見てみましょう。

シミュレーション①「OKしづらいデートの誘い方」

  あまりにストレートな誘い方は告白と同じ。あなたに気がある女性でないと、相手を困らせるだけでOKをもらえない可能性が高いです。

なべおつ

◯◯ちゃんって彼氏とかいるんですか? いなければ今度美味しいパスタ食べにいきません!?

女の子

え? いや、彼氏はいないけど。。2人で??

なべおつ

うん! イヤ??

女の子

イヤ、ではないけど。。いきなり2人?(笑)せっかくだからみんなで行かない??

なべおつ

しゅん…

MISSION FAILED!

 まぁ草食系男子が多いと言われる昨今、こうした誘い方でもOKしてくれる女性はいそうですが、あまりにもストレートに2人きりのデートに誘われても、相手に多少なり気がないと困らせてしまう可能性は高いと思います。

シミュレーション②「自然なデートの誘い方」

 自然なデートの誘い方とはつまり、普通に会話をしていたらその流れで当然のようにデートに行くことになった、というイメージです。

 こうした流れは意図的に作ることができます。たとえば合コンの場で、意中の女性があまり料理に手をつけていなかった場合。「料理ネタ」から話を膨らませてうまくデートの誘いにつなげてみましょう。

なべおつ

あれ!? ◯◯ちゃんぜんぜん料理手つけてないじゃないですか! 小食なんだ?!

女の子

いや、そんなことないんですけど、お酒飲むとあまりご飯食べられなくなるんですよね。

なべおつ

あー確かにビールとか飲むとお腹ふくれますもんね〜…って◯◯ちゃん、それビールじゃなくてカクテル!(笑)

女の子

いや、カクテルでもお腹ふくれるんですよ?(笑)

なべおつ

そんなバカな(笑)じゃあ普段はけっこうご飯食べるんだ?

女の子

うん割と食べます!

なべおつ

まぁゆーても小鳥のエサみたいなお弁当箱でしょ?

女の子

いやそんなことないです!(笑)結構ちゃんとしたサイズのお弁当箱ですよ!

なべおつ

まじか! ってかお弁当自分で作ってるんだ!?

女の子

うん一応! 一人暮らしだから節約のために自炊してます。

なべおつ

まじっすか! ◯◯ちゃん偉すぎです! 私一人暮らしだけどお弁当とか作ったことないわ!

女の子

まぁ男性ならふつーじゃないですか?(笑)

なべおつ

でも自炊するとはいえ、夜はさすがに外で食べるっしょ?

女の子

そうですねー、たまにかな! 普通に家に帰ってから作る方が多いかも。

なべおつ

まじっすか! それは「今度ウチに夕飯食べに来て下さい」というフリということで宜しいですか?

女の子

いや違います!(笑)

なべおつ

えー! なんてストレートな断り方、ひどいもんです!

女の子

いやいやいきなり家で手料理に誘うってないでしょ!(笑)

なべおつ

まぁさすがに私もいきなり女性の家に乗り込めるほど心臓強くはないっす! じゃあ取り急ぎ私おすすめのイタリアンのお店にお連れするというプランに変更しときます? ◯◯ちゃん外食しないなら、あんまお店とか知らないっしょ!

女の子

そうですね、イタリアンいいですね!

なべおつ

かしこまりました、では渋谷イチパスタが美味しいイタリアンにお連れ致します! むしろもう予約しときました!

女の子

絶対ウソ!(笑)でも渋谷イチ美味しいならそこ行ってみたいです!

MISSION COMPLETE!

 長々とすみません! 見事普通の会話から自然とデートの約束につなげられました。

 2人きりで行くかどうかには言及していませんが、ここまでしっかり会話をした上での流れですから、2人きりで行くことを前提に話を進めても問題ないでしょう。

 むしろ相手から触れてこなければ、そこに言及する必要はありません。相手も2人きりでいいと思っていたとしても、わざわざ聞かれてしまうと、はっきり「2人きりがいい」とは言いづらいでしょうし、「聞いて来るってことは2人きりじゃイヤなのかな?」と思われるなど、ムダな駆け引きが発生してしまうからです。

まとめ

 ポイントは「何をフックにデートに誘うか」というゴールイメージを見据えて、そこに至る会話の道筋を考えて話を振るということ。

 今回の例で言えば、最初に「 ◯◯ちゃんぜんぜん料理手つけてないじゃないですか! 」と振った時点で、「おいしい料理の話からデートに誘おう」というゴールイメージを見据えています。

 もちろん相手の受け答えによって具体的な誘い方は変わってきますが、大きく「料理の話を膨らませてから、美味しいご飯を食べにいく流れでデートに誘う」とイメージできていれば、相手の返答は大して問題になりません。

 もし相手が外食好きだったら、「渋谷でどこかオススメのお店ある!?」とでも聞きながら自分のおすすめのお店の話につなげて誘えばOKです。
 
 デートの誘いまでの会話を適度に膨らませられれば、それだけ自然な流れでデートに行くことが決まったように感じられます。またその会話を通してお互いに打ち解けられるので、OKももらいやすくなるのです。

 ゴールイメージをもって最初の会話を振る。振ってからは適度に会話を膨らませつつ、ゴールに向かって舵取りをする。これによって、初対面の女性でも自然にデートに誘うことができるのです。

 それでは、次回もお楽しみに!

本日の特別出演

vol.27の表参道コンで出会った美女。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。