デートの約束を延々とごまかされる場合、OKをもらうにはどう攻めればいい?

デートの約束を延々とごまかされる場合、OKをもらうにはどう攻めればいい?

恋愛のお悩みにお答えします!

 今回から「女の子とのやりとり、こんなときどうしたらいいの!?」シリーズをスタートします。

 デートの誘い方やデート中の会話など、女性とのやりとりにおいて「こういうとき、なんて返すのが正解なんだ?」という悩みに応えるべく、私なりの考えをお伝えしていきます。

 たとえば「女性と歩くときは道路側を歩け」とか「女性に相談されたらアドバイスせずに聞き役に徹しろ」のように、巷ではいろんなモテテクニックが叫ばれています。

 しかしこれらはそのままマネするだけでは効果を発揮しないどころか、「モテテクニックを必死に使おうとするイタイ奴」に思われかねません。

 こうしたテクニックは「なぜそうするといいのか?」という背景の論理を理解していなければ、状況に合わせて柔軟に使いこなすことができず、「無理をしている」ようにうつってしまうからです。

 そのため当企画では「こういうときはどうすべきか?」というテーマについて、できるだけ細かく場合分けをしながら実践的なノウハウをお伝えしていければと思います。

デートの約束を延々とごまかされる場合、どうすればOKもらえる?

 初回は、Twitterでいただいたこちらのリクエストについて!

 デート誘いました ⇒ 仕事忙しくて休み取れない。⇒ じゃあ来月でもいいから空いてる日教えて!⇒ う~ん、休日全部埋まってて空いてる日わからない ⇒ 仕事終わりでもいいから ⇒ 仕事終わりが何時かわからない…。

 こういうパターン、よくありますよね。私も過去に何度も味わいました。

 まずこうした対応をされたときの、先方の心情を想像してみましょう。

 簡単に言えば、次のパターンのどれかです。

  • ・無視されるほど避けられてはいないけど、わざわざ先の予定を約束して会うほど興味を持たれていないパターン。
  • ・本当は鬱陶しく思われてるけど、相手の女性が無視ができない優しさを持っているか、仕事の付き合いなど無下に断れないパターン。
  • ・たまたま鬱っているタイミングで、相手が誰だろうと人に会いたくない(会う約束をする気になれない)パターン。

 どのパターンであっても、もっとも嫌がられる(相手を困らせる)のは「じゃあ、いつだったら会える? ◯◯ちゃんの予定に合わせるよ」という言葉です。

 こう言われると、相手としては断るカードを出しづらくなってしまうので、めんどくさく思われてシカトされる可能性が高くなります。

 「だからぁ〜! あんたと遊びに行きたくないんだよ! みなまで言わすな! 気づけ!」という具合です。

 ではどうすればいいのか?

 以前記事でも紹介しましたが、片思いの女性を誘うときのポイントは「いかに断りやすく誘うか」です。具体的には、日時を指定して誘い「その日は予定があるから」という嘘をつきやすくさせてあげます。

 そして断られたら(その時の温度感を察して)もうちょっと踏み込むか、潔く引くべきかを判断します。

 上記の例の場合はもう踏み込む余地が残っていませんので、基本的にはしばらく退いて時間が状況を変えてくれることを待つほうがいいでしょう。

 しかし、もし直近で会えるように戦略を練るとしたら、私の場合は以下2パターンで勝負します。

① 唐突に誘う。

 「◯◯ちゃん、今日奇跡的に暇だったりしない!? もしよかった仕事後ご飯食べに行きませんか!」のように当日誘ってみます。

 もし相手の職場や家の駅がわかっているなら「今日たまたま仕事で△△駅の方行くんだけど」とか「急に仕事先の会食がなくなっちゃってさ!」と言葉を付け足してみるのもよいでしょう。

 この誘いは、相手にとって極めて断りやすい(1ヶ月後の誘いに「予定が入ってる」と嘘つくよりも、「今日は予定が入ってる」という嘘のほうがつきやすい)一方で、急な誘いだからこそ、相手の気分によってはOKをもらえる可能性があります。

 たとえば会社で嫌なことがあった、同僚は飲み会に行ったのに自分は残業で行けなかったなど、「ちょうど飲みに行きたい気分だった」ときに当たれば高確率でOKをもらえます。

 「先の予定を約束するほどの関係ではないけど、ちょうど飲みたい気分なのに予定が入っていないときにタイミングよく誘われたらOKしちゃう」のです。

 もし断られても「そりゃそうだよね! 急に誘っちゃってごめんね! また日を改めて誘うね!」のように潔く引くことで、断られて気まずいとか恥ずかしいという気持ちにはならなくなります。またこのときの相手の反応を見ることで、脈の有無を判断することもできます。

 返信ナシや「はーい」だけだと基本的には脈なし。また同じように唐突に誘ってみるのがいいでしょう。

 「あー飲み行きたかった〜」「また誘ってね」のような返答が(社交辞令だとしても)あれば、「じゃあいついつはどう!?」のように別途具体的な日時を指定して誘ってみましょう。

 それでも断られ「本当に予定が入ってるのか、ただ避けられてるだけなのか」読めない場合は、次のように冗談っぽく探りを入れてみます。

 「◯◯ちゃんまったく私と飲み行ってくれる気ナスじゃないですか!(笑)」「じゃあ◯◯ちゃんが興味持ってくれるようなネタを仕込んでから、改めてお誘いするね!」

 れに対して「いやいやそんなことないよ!(笑)本当に仕事が忙しくていつ空くかわらないんだよ!」とか「オッケー! 期待してる!(笑)」のような返事があればまだ誘える余地ありです。

 これも無視されたら脈なしなので、傷を広げる前に引くようにしましょう。

② 先方が強烈な興味を持つようなネタで誘う。

 もう一つは、相手が強烈に興味を持つようなネタをフックにして誘うというパターン。

 たとえば相手が何らかのアーティストのファンだったら、「ライブチケット取れたんだけど一緒に行く人いないから行かない?」と誘えば、他の誘いは全部断られてたとしてもOKをもらえる可能性が高いでしょう。

 このパターンは「(ただご飯食べに行くだけならあなたと行きたいとは思わないけど)そんな面白そうな企画なら行きたいかも!」と思わせることでOKをもらいに行きます。

 ライブチケットでなくても、「◯◯の無料お食事券(おごる覚悟があるなら実際に食事券が存在しなくても演出として言ってOK)」「現在開催中の人気イベント」など限定感のあるネタを含めてみるとOKをもらいやすくなります。

 この場合も、相手が断りやすいよう具体的な日時を指定して誘うのを忘れてはいけません。

 相手が断りづらいように逃げ道を塞いでいくアプローチでは、たとえOKにこぎつけたとしてもお互いの距離を縮めることにはなりません。

 めんどくさく思われたら返事すら返ってこなくなりますから、できるだけ相手を困らせない誘い方を心がけましょう。

 それでは、次回もお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。
Category :
1099 views