女性を食事に誘う時に押さえておきたい心構えとLINE作法まとめ!

女性を食事に誘う時に押さえておきたい心構えとLINE作法まとめ!

片想いの相手へのLINE作法とは?

 読者の方から「女性をLINEでご飯に誘う方法」について問い合わせを頂きましたので、今回はこれについて私の考えをまとめてみます。

 まずはLINE以前の「恋愛の心構え」についてお伝えしておきますが、私が最も重要視しているのは「1人の女性に依存しない」ということです。

※この記事を最初に執筆した2013年時点では「メール作法」について紹介していましたが、今時メールでやりとりしてる人はいないと思いますので「LINE」に差し替えました。とはいえ考え方は変わらないのでそのまま活用可能です。

1人に依存しない方が恋愛はうまくいく!

 これは男女両方に言えることですが、私の経験上、片想いの場合に1人の相手に依存し過ぎてしまうとたいていうまく行きません。

 「この子のことしか考えられない」「確実に振り向かせるにはどうすればいいのか」と考えてしまうと、相手からは「重い」「めんどくさい」と思われるコミュニケーションばかりとってしまいがちで、振り向かせるのが難しくなるのです。

 たとえばLINEで既読スルーされたときにしつこく送り続けてしまったり、「なんで返してくれないの!?」と八つ当たりしてしまったり。こうなると相手からはどんどん愛想をつかされ、恋が実る可能性は限りなくゼロへ近づいていきます。

 片想いの女性を落とすために重要なのは「心の余裕」です。

 ナンパで自ら出会いを作れるような男性は、「この人に断られてもまた別の出会いを見つければいい」という心の余裕があるため、誰に対しても自然体に接することができ、結果としていろんな女性からモテたりするわけです。

 要は「一人の女性に依存せず、常に複数のタイプの女性と遊べる状態にしておく」ことが重要なのですが、こういうと「チャラい」「ゲスすぎる」と否定的にとらえる方もいると思います。

 しかし何も複数の女性と「同時に交際」するわけでも、「不倫」をするわけでもないですから、全く問題はありません。

 むしろ片想いなのに、勝手に正義感をもって一人の女性に一途になり続ける方がよっぽど危険です。なぜならそういう人は、得てして「自分の想いの強さ(一途さ)」に対して見返りを求めようとするからです。

 「俺はこんなに君のことを思ってるのに…!」とか「他の男はチャラチャラしてるけど俺は真面目で一途なのに…!」のように考え、「だから返事くらいくれたっていいだろ!」「一度くらいデートしてくれたっていいだろ!」と見返りを求めてしまうのです。

 片想いである以上、相手はあなたの一途さなど求めていません。もっと自由に他の女性にも目を向けていいんです。

 目的は相手から好意をもってもらい、恋愛関係に至ることであって、自分の想いの強さを押し付けることではありません。

 そのためには一途に思い続けて「重い存在」になるよりも、自然体で接することができるように、(いろいろな女性とのつながりを持つことで)「心の余裕」を獲得することの方が重要なのです。

 とすれば、女性を食事に誘うときのLINEは非常にシンプル。ストレートに誘うのが最も有効な手段となります。

 なぜなら断られることを恐れて、相手の気持ちを探るような駆け引きをする必要がないからです。



ストレートに誘えばいい!

 「何通かLINEのやり取りをして打ち解けてから」とか「相手が自分に気があるかどうかの判断がついてから」のような腹の探り合いをするのは時間のムダです。

 一度直接会ったことがある相手なら尚更、一通目からストレートに誘ってしまって何の問題もありません。むしろ特に話すネタもないのに(デートに誘うためのつなぎとして)どうでもいい話に付き合わされる方が、相手としては迷惑でしょう。

なべおつ

「◯◯ちゃん、来週の金曜日って空いてる?? もし暇してたら一緒に飲みに行こうよ!」

 基本はこれだけでOK。唐突であっても問題ありません。

※ただし「Tinder」「Pairs」のようなネット出会い系の相手だと、一通目から誘っても無視されるのがオチです。これはまた別の話。ここではリアルで知り合った女性の誘い方についてとお考えください。

相手の受け答え5パターン!

 あなたが上のようなLINEでストレートに食事に誘った場合、考えられるリアクションは次の5つです。

①「いいよ! ほかに誰か誘う?」

 このパターンは結構多いですよね。あなたが2人きりで飲みに行きたいのであれば、はっきりそう伝えてみましょう。

 断られることを過度に恐れる必要はありません。「OKだったら脈あり」なわけでもなければ、「NGだったら振られる」わけでもないのです。次のように、素直に自分の希望を伝えましょう

なべおつ

「◯◯ちゃん誰か呼びたい人いる感じ? それならそれでも全然いいけど、もし2人きりでもへーきならせっかくだからサシ飲みしちゃいません!?」

 最悪なのは「俺はどっちでもいいよ〜! ○○ちゃんはどっちがいい?」のように、自分から誘ってるくせに相手に判断を任せてしまうタイプです。あなたから誘ってるわけですから、サシにするのか友達を呼ぶのかはあなたが決断しましょう。

②「いいけど、友達呼んでもいい?」

 「誰か誘う?」ではなく「友達呼んでもいい?」といきなり切り込まれた場合、2人きりは避けたいという合図ですので、これは快く受け容れましょう。ここで粘っても事態は好転しません。

なべおつ

「全然いーよ! じゃあ俺もイケメン手配しとくね! 2対2でへーき!?」

 このように、相手が友達を呼びたいと申し出たことを全く気にしていない(なんなら自分もそのつもりだった)くらいのテンションで返します。

 サシではないとはいえ、意中の女性と直接会える機会を得られるのですから、「恋愛のコマを進める」という目的は達せられます。

 どうしてもサシじゃなきゃ意味がない、無駄なコストはかけたくないという場合であれば、次のようにツッコミ口調で冗談っぽく返信してみましょう。

なべおつ

「いきなりのサシ飲み拒否宣言つらいもんです!(笑)そんな入念なるリスクヘッジしなくてもいいのに!😂 友達呼んで4人でも全然オッケーなんで、今回はそれで行きましょっか!」

 相手は明確にサシ飲み拒否発言をしたわけではないのに、このようにストレートに言われると「いやいや拒否したわけじゃないよ!(笑)ただいきなり2人きりだと緊張しちゃうから・・・」のように、どういう意図でサシを避けたのか教えてくれる場合があります。

 理由が分かれば、その解決法を提示することでサシに持って行ける場合もありますし、最終的にサシが実現しなかったとしても、本音で話している分、今後の関係を深められる可能性は高くなります。

③「ごめんその日は予定があるんだ…」

 これもよくあるパターンですね。本当に予定があるかどうかは知っても仕方ありませんので、

なべおつ

「じゃあいつなら平気ー?(来週の金曜日とかどうかな?)」

のように次の空いてる日を探るパターンか、

なべおつ

「そっか了解! じゃあまた日を改めて誘うねー!」

のどちらかで返しましょう。

 基本は前者で返し、何回も同じ理由で断られている場合は後者を使います。
 

④「ごめん彼氏がそういうの厳しい人なんだ」

 これは素直に退きましょう。彼氏がいるのであれば無理矢理会おうとしても相手に迷惑がかかりますし、めんどくさい男と思われるだけです。

 ただし別れる可能性は十分あり得ますので、

なべおつ

「そうなのか! 了解! じゃあ奇跡的に彼氏の価値観が変わりそうなタイミングを狙っていずれまたお誘いするね!(笑)」

のように冗談ぽく伝えて、期間をおいたら再び誘える状態にしておきましょう。

 その後は(数ヶ月以上)時間を置いて、

なべおつ

「久しぶりー! 相変わらず彼氏さんとラブラブですか!?(笑)本日あたり彼氏さんの考え方に劇的な変化が訪れたのではないかと思って、ピンポイントでLINEしてみました!」

のようなメッセージを送っていけば、いずれタイミングが合って飲みに行けることがあるかもしれません。(相手にめんどくさがられないよう、随時反応を窺いながら空気を読まなければなりませんが)

⑤ 既読無視!

 誘いのLINEを送ってから2日〜3日経っても返信が来ない場合は、

なべおつ

「◯◯ちゃん既読スルー冷たいもんです!(笑)やっぱり◯日は難しそう!?」

のように、もう一通だけ催促LINEを送ってみましょう。単純に相手が忙しくて忘れているだけかもしれません。

 2通目のLINEも無視されてしまった場合は、今の状況ではあなたと飲みに行く気がないということですから、これ以上深追いはせず、しばらく寝かせて1〜2ヶ月後にでも誘うようにします。

 「なんで返事くれないの?」とか「NoならNoで構わないけど、せめて返事は欲しいな」のような追撃は絶対にすべきではありません。2通連続で無視するということは、それがまごうことなき「No」の意思表示です。

 自分の想いを優先するのではなく、相手の気持ちを察してあげることを優先しましょう。

 時間が経てば相手の境遇や気持ちは変わっている可能性がありますし、いい感じだった男性と破局して、誰でもいいから話を聞いてもらいたいというタイミングにだってなり得るのですから。



まとめ

 重要なのは、今すぐ自分が満足するような反応を求めるのではなく、中長期的な視点で関係を築いていく姿勢を持つということです。こうした対応も「一人の女性に依存しない」からこそできることです。

 無視されているのに頻繁に送り続けるというのは、百害あって一利なし。この対応で相手が振り向いてくれることは絶対にありません。

 一人の女性に依存しないというのは、こういう面で効力を発揮するのです。一つの恋愛に固執して深追いし過ぎると、相手は逃げて行くばかりです。

 心に余裕を持って接していくことで、いずれ時間が新しいチャンスを与えてくれます。

 今回は私が実践している心構えとLINE作法をそのまま紹介しましたが、「自分はナンパしないから出会いも少ないし、複数の女性に興味を持てる状況にないからムリだ!」という方もいると思います。

 そんな方に向けて、次回はもう少し一般的な内容で、意中の女性を食事に誘うLINEについ紹介します。
 
 尚、今回紹介したLINEの文面や顔文字については、現在の私の年齢とキャラクターだから成立するものなので、誰でもそのままコピペして使えるものではありません。ポイントだけ押さえて、具体的な文面はあなたの年齢やキャラクターに合わせて使い分けて下さい。

 それでは、次回もお楽しみに!

 ちなみに、私が使っているLINEスタンプについてはnoteにまとめています。ナンパ師がガチで愛用する”女子ウケのよい”LINEスタンプTOP5!|note(ノート)

このブログが書籍化されました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。
Category :
1577 views