ナンパ初心者の必読本!私がナンパにハマった理由と参考にした方法!

ナンパ初心者の必読本!私がナンパにハマった理由と参考にした方法!

私がナンパをはじめたきっかけとは?

・ナンパなんて恥ずかしくて出来ない。
・断られて傷つくのがコワイ。
・女性に媚びてるみたいでみっともない。

 このように「ナンパをしない理由」はいくらでも挙げられます。

 かくいう私も、社会人になるまでは、新宿や渋谷でだれかれ構わずナンパしている男たちを冷めた目で見ていたクチです。

 今回は、読者の方から聞かれることも多い「私がナンパを始めたきっかけ」について紹介します。

きっかけは一冊の書籍との出会い!

 私がナンパを始めたのは大学4年生の終わり頃。就職を間近に控えた時期に出会った、一冊の書籍がきっかけでした。

 書店をふらついている時にたまたま目に入った一冊、それが『もう合コンに行くな』です。ナンパ本としては有名なのでご存知の方もいるかもしれません。

 大学時代は合コンなどほぼやったことなかったのですが、会社に入ればそうした機会も増えるかもしれないと思い、「なぜ合コンに行くべきではないのか」という著者の主張が気になってパラパラ読み始めたんですね。

 すると「はじめに」を読んだだけで心を掴まれ、衝動買いしてそのままカフェで一気読みすることになったのです。

 何がそれほど私の心を掴んだのでしょうか。

「性交なくして成功なし」!

 何とも秀逸なコピーではないでしょうか。つまり「あなたは社会的・経済的成功だけで満足できますか?女にモテなくて成功したと言えますか?」というのが、はじめにで語られる著者の主張です。

 「社会的・経済的に成功すれば女もついてくる」と考える人もいるかもしれませんが、若くしてこうした成功を手に入れられる人はごくわずか。ほとんどの人は、女性が向こうから群がってくるような経済的豊かさを手にすることはできませんし、仮に得られたとしても、その頃には歳をとり、既に髪は薄くなって腹は出て、加齢臭をまとい、すっかりモテない外見になっている可能性もあります。

 本書は「女性にモテる(多くの女性とセックスする)」というオスとしての成功を、社会的・経済的成功の副産物としてではなく、今すぐ手に入れるために行動しようと説き、そのためにナンパの方法を紹介しているのです。

合コンではなくナンパしよう!

 風俗に頼らず、100人規模の女性と性的な関係を持つためにはどうすればいいのか?

 その答えが「ナンパ」です。

 合コンでも出会いを増やすことは可能ですが、自分好みの女性が来るかは分からないし、しかも参加した男性がみんなライバルになり得るため、費用対効果は非常に悪い。だから本書では「もう合コンに行くな(ナンパしろ)」と説かれているのです。

 自由にナンパができるようになれば、出会いの数は無限に広がります。街ですれ違っただけの美女に声をかけて、その日の内にセックスに至ることも可能です。

 この冒頭を読んで、これまでサークルやバイト先での「自然な出会い」にしか目を向けておらず、その他の女性は自分の人生には存在しないものだと考えていた価値観が、ガラッと変わりました。

 「そうか、街で見かけた美女にも声さえかけられれば友達になれる可能性があるんだ!」

 自分次第で美女との出会いを創り出せることを想像するとワクワクしました。

 「でも、大学2年生まで童貞だった自分にナンパなんてできるのか? そもそも話しかけてまともに取り合ってくれる女性なんて世の中にいるのか? 罵倒されて傷つくだけじゃないのか?」

 当然そう思いました。初対面の人と話すことに苦手意識はなかったものの、ただ道を歩いているだけの女性に、何のきっかけもなく声をかけるなんて、それはもう恐ろしいことのように感じたのです。

 しかしこの点も、本書を読んだらあっさり解決しました。

ナンパができない理由は精神面の問題だけ!

 そう、「ナンパができない」というのは精神面での問題だけであって、お金がかかるわけでも、資格が必要なわけでもなければ、違法行為だからやっちゃいけないことでもありません。

 「精神面さえ克服できれば、(今は想像がつかないような)女性関係での成功を得られるかもしれない

 そんな期待が、さらに本書に熱中させます。私の場合、この期待だけでほぼ精神面は克服できていたとも言えますが、さらに次のような説明で、どんどん精神的不安は取り除かれていきました。

「女性は声をかけられてもそこまで嫌な顔をしない」 
「気まずくなったら逃げ出せばいい」
「恥ずかしければお酒に頼ればいい」
「友達と励まし合いながらやればいい」

 では、具体的にどうやってナンパすればいいのか? 本書には、その方法も紹介されています。

ナンパプロセスのシステム化!

 声のかけ方からその後のトーク、連れて行くお店、注文すべきお酒や食事、その後のセックスへの持って行き方まで、全てシステム化できるというのが本書の主張です。

 つまり本書の言われたことを機械的にこなすだけでも、ナンパを成功させることができると説かれているわけです。

 この主張には説得力があったため、ナンパが一層カンタンなものに思え、恐怖心はさらになくなっていきました。

 ちなみに私はもともと面白おかしくトークをすることが好きだったので、トーク内容は流用せず、声のかけ方(「こんばんは〜」)だけ拝借しました。自信のない方は、本書のトーク事例を丸暗記するだけでも一定の成果は得られると思います。

実践したらどうなった?

 本書を読んで数日後、バイト先の飲み会の後に、男友達2人と立川駅でナンパを実践しました。

 酔った勢いもあって何の恥ずかしさもなく話しかけることができ、予想以上にトークも盛り上がりました。結果、ソッコーOKをもぎ取って、男3対女2で土間土間へ飲みに行くことになったのです。(連絡先もゲット!)

 この経験以降、私はナンパの可能性に目覚めます。これまでサークルやバイト先の女の子との出会いしかないと思っていたものが、たった1時間程度で、外見が好みの女性2人と新しく友達になることができたのです。

 そして実体験として「ナンパをされても女性はそこまで嫌がらない」と感じられたことは、私の精神的不安とナンパへの抵抗を完全になくしてくれました。

 渋谷や新宿のような激戦区では多少話が変わりますが、少なくとも立川でやったその日は、声をかける人みんな笑顔で対応してくれるため、メンタルブレイクすることはなかったのです。

社会人になってからのナンパ道!

 そしてその後、就職した会社には幸か不幸かナンパ好きな先輩がたくさんいて、週末は必ずナンパに繰り出すようになりました。 

 入社直後のゴールデンウィークには、「山手線一周ナンパの旅」を実践したり、夏には「東京湾納涼船ナンパ企画」を3回も実施したりと、まーとにかく下らないと思われても仕方ないほどナンパしまくってました。

 「社員がナンパばかりするような会社大丈夫か!?」と思われそうですが、実際、ナンパが上手な先輩は仕事がデキる人ばかりで、営業成績も社内トップクラスの人ばかり。

 私自身、ナンパ力とともに営業力にも自信をつけ、仕事でも成績を上げられるようになっていました。もちろんナンパだけが要因ではないでしょうけど、ナンパの経験が仕事にプラスに働いたことは間違いありません。

 このあたりの話は、noteにも書いています。

 「ナンパ」と「仕事」で成果を上げるため、私がもっとも大切にしていること。|note(ノート)

おわりに

 『もう合コンに行くな』を読んだことのある方ならお気づきのように、私がこのブログで伝えているマインドやノウハウは、本書の影響をかなり受けています。

 約4年、数多くの実践を通して学んだテクニックを自分なりの成功法則やノウハウに昇華して紹介していますが、重複する部分が多いことも事実。それだけ本書で紹介されているノウハウは、実践的で効果があるものだといえます。

 ブログの場合、その性質上体系的にまとめづらい部分があるためどうしても小出しにせざるを得ないので、ナンパを体系的に学んで実践したいという方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 「ナンパしてみたいけどコワくてできない」という方にとって、その背中を押す一冊になることは間違いありません。

 それでは次回もお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加
Category :
297 views