即実践できる!ナンパの時に使える効果的な声かけパターン5選!

即実践できる!ナンパの時に使える効果的な声かけパターン5選!

鉄板の声かけパターンを持っておこう!

 今回は「ナンパしてみたいけど勇気が出ない」という方にとって最大の懸念事項であろう「声かけ」について、ふだん私が使っているお決まりのパターンをまとめてみます。

 「何と声をかけたら、何と返ってくるのか」が予測できるようになると、声かけの恐怖心は大幅に軽減されます。私の例を参考に、いくつか鉄板のパターンを持っておきましょう。

基本は「あいさつ」からでOK!

 この点は繰り返し述べていますが、私の声かけは99.9%あいさつから入ります。

 ネタとして求められない限り「へいハニー!俺のスプラッシュマウンテンに乗ってみねぇ?www」(←Twitterでバズったやつ)のようなトリッキーな声かけはしません。

 夜なら「こんばんは〜!」、夜通しナンパして朝になっちゃったら「おはようございます!」、そこからさらに昼までやってたら「こんにちはー!」という具合です。

 このように最初の言葉をシンプルで違和感のないものに決めておけば、誰に対してもとりあえずあいさつだけはできるようになります。また軽くお辞儀をしながら謙虚に挨拶すれば、あまり嫌悪感をもたれずに済みます。

 この後の反応によって次のアプローチを考えるわけですが、私の場合たいてい次の5つのパターンで展開しています。



1.「お姉さん、今からどちらへ!?」

 これは最も使用頻度が高いかもしれません。まずは先方の予定を確認します。「彼氏と会う」「仲の良い男女グループで飲みに行く」「これから出勤」など、先方の予定が私の誘いによって覆ることがないであろう場合は潔く諦めます。

 相手のノリによっては、「じゃあ取り急ぎ今日は諦めるけど、次回の飲み会開催に向けて念のため連絡先だけ交換しときます?」と連絡先だけ聞いておきます。

 一方「もう帰る」「(女)友達と会う」「カラオケに行く」「クラブに行く」のように、がんばればこちらの誘いを受けてもらえそうな場合はアプローチを続けます。

2.「んムシッッッッッ!!!」

 最初の声かけをムシされたときに使います。思いっきりためて「んムシッッッッ!!!」とツッコむと、それまでツンツンしてた子でもクスッとしてくれたりします。

 クスッが引き出せればアプローチを続けます。

 「いやーお姉さん正直いろんな男に声かけられまくって鬱陶しく感じてるとは思うんですが…」と相手の気持ちを代弁したうえで、「せっかくなんで私のおすすめのお店に飲みに行きません!?」のように誘いにつなげます。

 「無視された自分と、無視したがってる相手」との位置関係を言語化することで、物腰の低い謙虚な印象を与えることができます。

3.「お姉さん、正に今から◯◯だと思うんですけど、念のため私のオススメのお店に飲みに行きません?」

 この後の相手の行動が読める場合(クラブに向かっている、駅に向かっているなど)に使います。自分で勝手に決めつけて話を進めることでツッコミどころを与え、会話のきっかけを探ります。

 ◯◯の部分は、たとえば駅に向かってたら「絶賛ご帰宅モード」、クラブに向かってたら「クラブでハッチャケコース」などにして、表現を脚色するとツッコミを得られやすくなります。

 単に「今から飲みに行きません?」というだけでは99%「行きません」で終わりますが、「お姉さん、正に今からクラブでハッチャケコースだと思うんですけど、念のため私のオススメのお店に飲みに行きません?」と聞くと、「よくクラブ行くってわかりましたね(笑)」とか「いや別にハッチャケコースではないです(笑)」のような反応を引き出せる可能性があります。

 また「念のため」や「取り急ぎ」というワードを含めることで、「何で取り急ぎなの!(笑)」「何が念のためなの!(笑)」のようなツッコミを得られる場合もあります。

 こちらのボケにちゃんと反応してくれる相手であれば、「お姉さん(たち)めちゃめちノリいいんで、これ一緒に飲みに行ったら確実に盛り上がると思うんですよね! ということで取り急ぎ私のオススメのお店に行っときますか!もうお店、押さえちゃってるんで!」と畳みかけます。

 この時は勢いが大事です。一つの発言に複数ツッコミどころを含ませることで、「もうツッコミ追いつかないわ! なんか面白い人だからちょっとなら飲み行ってもいいか」という展開になります。

4.「私ちょうど今イケメンと一緒にいるんですけど、せっかくなんでイケメン交えて飲みに行きません?」

 イケメンの友達と一緒にナンパしているときに100%使う方法です。(友達はものすごく嫌がりますが笑)せっかくイケメンと一緒にいるのですから、その武器を使わない手はありません。

 こう言うと「ほんとにイケメンなの〜?(笑)」と返してくれる場合が多いです。そこでちゃんとイケメンを披露できればほぼ確実にうまくいきます。

 ちなみに私は2人以上でナンパしてる場合でも、声かけは一人で行くことが多いです。同時に声をかけて盛り上げようとすると、こちらの息がぴったり合ってないと会話がうまく噛み合わず、クロージングや撤退の判断がズレたりして、相手を白けさせてしまうことがあるからです。

 その際、先にイケメンに声をかけてもらって後から私が入っていく流れだと先方を失望させてしまい(「もう一人の男こいつかよ…orz」)成功率が下がるので、私から声をかけるようにしています。

 それも無視されたら「せっかくイケメン好きのお姉さんのためにEXILE系イケメン手配してきたのに…」と泣きそうなテンションで切り込むと、「いやいや絶対ウソでしょ(笑)」のようなツッコミを得られます。

 笑いが引き出せれば、3と同じ展開でクロージングに持っていきます。



5.「失礼しまーす!!! & 失礼しましたー!!!」

 前者はある種の万能用語で、誘いや提案の後につけることで丁寧な印象を与えると同時に、勢いで押し切る効果が得られます。

 「じゃあ取り急ぎ私オススメのお店にご案内します、失礼しまぁーす!!!」とか、「じゃあ念のため連絡先だけ交換させていただくということでしよろしいですか? 失礼しまぁーす!」のように使います。

 これを付けるだけでとあえずその場の空気がまとまりますし、「いや、勝手に失礼しないで(笑)」というツッコミが得られる場合もあります。

 後者は引き際の決め台詞です。無視された場合でも全面的に断られた場合でも、元気良く「失礼しましたー!(お気をつけてー!)」と言い切ることで、次に気持ちを引きずらなくなります。

 声かけは「こんばんは〜!」で、撤退は「失礼しましたー!」のように、はじめと終わりをパターン化しておけば、変に悩むことなくテンポよくナンパを楽しめるようになります。

まとめ

 今回紹介したパターンは、私のキャラだからこそ「ボケ」ととってもらえるとも言えるのですが、誰が使っても割とクスッと笑いくらいはとれると思うので、ぜひ実践で使ってみてください。

 相手を笑わせる腕を磨くことがナンパ成功の近道です。

 それでは、次回もお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。