渋谷ナンパで連絡先をゲットした美女を飲みに誘うメールを公開します!

渋谷ナンパで連絡先をゲットした美女を飲みに誘うメールを公開します!

ナンパ後に送るLINEの文面とは?

 前回前々回と、女性を食事に誘う際のLINE手法について紹介しましたが、人と人とのコミュニケーションである以上、誰に対しても「これをコピペして送れば大丈夫」といった万能テクニックはありません。

 相手の性格、ノリ、雰囲気や、相手との距離感によって文面やアプローチ法を変える必要はもちろんあります。

 あくまで「考え方」として理解いただき、具体的なLINEの文面については、あなたの性格やキャラクターに合わせてカスタマイズして下さい。

 参考までに、今回は私が以前ナンパして連絡先を教えてもらった女性を、後日飲みに誘ったときのメールを公開します!

 尚、この記事を最初に執筆したのが2013年なので、スクリーンショットがiPhoneのSMS画面になっていますが、内容はそのままLINEでも活用可能です。

シチュエーション

 渋谷で声をかけて連絡先だけ教えてもらった美女に、翌日メールを送ってみました。

飲みに行く気があるかどうか探ってみる!

 前回のエントリーで、「相手が断りやすいように具体的な日時を指定してLINEした方が返信率が上がる」というお話をしましたが、別に一通目からいきなりそのように送らなければいけないという意味ではありません。

 例えばナンパで連絡先だけ教えてもらったときのように関係値が大してできていない場合は、いきなり具体的日時を指定して誘うとガツガツしているように映り、引かれてしまう可能性もあります。

 なのでこの時は「そもそも飲みに行ってくれる気があるかどうか」をまず探ってみました。

 相手のノリがまだ分からないので、テンション抑えめで「今後飲みいこね」とやんわり誘い、相手に飲みに行く気があるかどうかを確かめています。 

(尚、この時は番号しか聞いていなかったためショートメッセージに文字制限があり、かなりシンプルなやりとりになっています)

 飲みの誘いに対して「はぁい!!!!」と返って来たため、完全拒否はされていないと判断し、少し具体的に「今月中」と迫ってみました。

後日、具体的に日程を指定して誘ってみる!

 ノリ的に、飲みに行くこと自体はOKしてくれそうだという距離感が測れましたので、後日、適当なタイミングで具体的な日程を指定して飲みに誘うべくアプローチしてみました。

 木曜日は空いているという返事だったため、木曜日に飲みに誘おうと思ったのですが、メールを送った後にその月のクレジットカードの請求がハンパない事実に気づき、結局この時は私の経済的な問題から持ち越しになってしまいました。自分からアプローチかけておきながら最低です(笑)

再度、具体的な日程を指定して誘ってみる!

 気を取り直して、後日再度「月末」を指定して飲みに誘ってみました。

 ものすごいノリ良くOKいただけました(笑)ストレートに日程を指定して誘っているので話が早いですね。
 
 「ナンパして来た相手にこんなノリ良く返す子なんているの!?」と思われるかもしれませんが、もちろんみんながみんなこんな反応をしてくれるわけではありません。

 メールで色々と質問してきて、信用できる人かどうかを探ってくる女性もいますし、メールを返すタイミングが気まぐれで何を考えているか読めない人もいます。

 相手の性格やノリに合わせて、柔軟にアプローチやコミュニケーションを変えていくことが大切です。

 この子の場合は、声をかけて直接会話をした際に、短い時間ではあったけれども「この男に害はない」と最低限の信頼を得ることができたのでしょう。

まとめ

 ナンパにせよその後のメールにせよ、大切なのは「相手との距離感を測ること」。ノリが良くてオープンな子に回りくどい誘い方をすればメンドクサイ男と思われかねませんし、内気で男性への免疫のない女の子をガンガン誘ってしまうと引かれてしまう可能性もあります。
 
 こうすれば大丈夫という正解はありませんので、相手の気持ちや性格を想像しながら、「この子ならここまで踏み込んでも大丈夫だろう」という判断を重ねて、相手との距離感に合わせたコミュニケーションをとっていくことが大切です。
 
 そうすれば、初対面であっても不快感を与えることなく自然と距離を縮めていくことができるので、ナンパであっても信頼を得ることができます。
  
 それでは、次回もお楽しみに!

このブログが書籍化されました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。
Category :
588 views