vol.17 渋谷で壇蜜風のエッチなお姉さんをナンパしてみる。

vol.17 渋谷で壇蜜風のエッチなお姉さんをナンパしてみる。

ナンパ相手が年上で人妻だったらどうする?

 殿方を虜にする壇蜜嬢の魅力は、その淫靡でオトナな雰囲気ですよね。渋谷にはこの系統の女性はほぼ見かけませんが、まれに遭遇することがありますので念のため声をかける練習をしておきましょう!

 今回は年上(既婚)美女とのトークパターンをご紹介します。

本日のお相手


◆壇蜜風の淫靡な美女
◆アラサー
◆人妻の可能性高い
◆エッチなにおいぷんぷん! 

シチュエーション

 渋谷・神南界隈を闊歩するエッチな雰囲気ぷんぷんのお姉さんに声をかけてみましょう。
 

実践

なべおつ

こんばんはー。

お姉さん

はい?

なべおつ

すみません! お姉さんのものすごいオーラに惹き付けられてうっかり声かけちゃいました! うっかりついでに、なんなら今から飲み行っちゃいませんか?!

お姉さん

あ、ごめんなさい。私結婚してるので。

なべおつ

えー! その若さにしてもう身を固めてしまわれたと申すのですか!

お姉さん

そんな。私もう30ですよ(笑)

なべおつ

えー! 本日一番のビックリニュースきました! いや〜たしかに大学生にしては色っぽすぎると思ったんですよね!

お姉さん

大学生なわけないじゃないですかこんなおばさん(笑)

なべおつ

いやいやいや! 確かにオトナの女性に向かって大学生というのもどうかと思いますが、それでも完全僕より年下だと思ってましたよ! いい意味で!

お姉さん

(笑)ありがとうございます。

なべおつ

でもやっぱりお姉さんのようなオトナな女性になると、年下の男は子供っぽくてお話になりませんか?

お姉さん

そんなことはないですけど、私結婚してるので(笑)

なべおつ

はっ! そーでした! あまりにもその事実を受け入れたくなくて完全に失念しておりました! 何を人妻を口説こうとしているんだ私は、このバカたれが!

お姉さん

ふふふ。お兄さん面白いですね(笑)

なべおつ

いやーあと3年早くお姉さんに出会えなかった私の人生が呪わしい! でもさすがに幸せなご家庭に踏み入るわけにはいきませんので、苦渋の決断ですが本日は諦め申し上げます。

お姉さん

ごめんなさいね。

なべおつ

でももしまた奇跡的に再会した時に、奇跡的にお姉さんの境遇が変わられてたらチャンスありということで、私なべおつと申しますので絶対覚えといてくださいね!

お姉さん

ふふ。わかりました。




MISSION FAILED

 いやー人妻だとは…残念でした。こんなに知的で色っぽいお姉さん、滅多にお会いできないのに。

 それでは今回のポイントを確認しましょう。
 

① 人妻であろうと一通り口説く!

 倫理的な話をすれば人妻を口説くべきではありませんが、人妻と聞いた瞬間に退散するのは相手に失礼に映る場合もあります。

 特に30歳以上の既婚女性からすると、他の男性との出会いを望めない境遇なわけですから、女性として口説かれることを喜んでくれることも多いのです。落とし込もうとするのではなく、女性としての魅力があることをうまく伝えて喜んでもらいましょう。

② 年上女性の年齢は極端に低く言う!

 いくら見た目でアラサーだとわかったとしても、年齢をピンポイントで当てに行べきではありません。明かに違うと分かるような、極端に低い年齢を言ってみましょう。

 冗談に映ってとりあえず場は和みます。とはいえ下に見られることが逆に失礼に捉えられることもあるので難しいところ。そんな時は「良い意味で!」を付け加えます。

 この言葉は「失礼な意味で言っている訳じゃない」ことを伝える万能ワードです。
 

③ Twitterくらいは聞いてもいいかも

 今回は先方が30歳だったので何も聞かずにバイバイしましたが、20代の若妻であればTwitterくらいは聞いても良いかもしれません。

 離婚してフリーになる可能性は全然ありますし、Twitterを知っているだけで旦那さんからカチ切れられることはないでしょうから。

 離婚した際に連絡できる手段があるかないかで、未来は大きく変わってきます。

 それでは、次回もお楽しみに!

このブログが書籍化されました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by fhqiihcy

    nice!

  2. by nabeotsu

    >to fhqiihcy
    Thank You!