vol.23 続・渋谷ナンパで30分だけ時間をもらった美女と飲みに行ったら。

vol.23 続・渋谷ナンパで30分だけ時間をもらった美女と飲みに行ったら。

ナンパした美女が終電をなくした後は…?

 vol.22 にて「30分だけ」という制約を見事乗り越え、延長戦まで持ち込むことができました。

 先方に終電はなく、タクシーで埼玉まで帰るのはお金もかかるし億劫でしょう。オールはほぼ確定。あとはどこでオールするかが焦点ですね。

 今回は、念のため自宅へお誘いしてみます。

vol.22までのおさらい


◆オシャレショート美女
◆20代前半のアパレル系
◆男に冷たそう。。
◆無視される危険性あり
◆しかし30分だけ飲みにいく許可ゲット
◆相手は埼玉住まいで遠い(New!)
◆30分以上の延長許可ゲット(New!)

シチュエーション

 花金の渋谷で終電後にふらついてた美女をナンパしてオールの流れに持っていけたので、宅飲みを提案してみましょう。

実践

なべおつ

お姉さん私いま気づいたんですけど、ここのお店、花金なのにまさかの朝までやってないパターンみたいなんですよ。。

女の子

そーなんだ(笑)

なべおつ

ほんま困ったもんです! まーでも結構飲んだよね! 唯一焼酎パーティが不完全燃焼という点だけが心残りなんで、このまま二次会にご案内する形で宜しいですか? お姉さん実際これから埼玉までタクシー旅行なんてキツすぎるっしょ!

女の子

そうだね。お金もかかるし、ちょっとめんどくさくなっちゃった(笑)

なべおつ

かしこまりました! ほなお会計はもう済んでるんで、取り急ぎ次のお店に移動しましょう!

女の子

え、もう払ってくれたの? ありがとう。次はどこいくの?

なべおつ

そうねー、まだ時間早いから別の居酒屋で焼酎パーティやってもいいんだけど、焼酎パーティならドンキで買い出しして宅飲みってパターンもアリだよね!

女の子

え、宅飲みってお兄さんの家?

なべおつ

そーなんです! ウチここからけっこう近いんで、てろっと買い出しして宅飲みというパターンも全然行けちゃうわけですね! でもさすがにいきなり家ってのもあれですかね・・・

女の子

お兄さんチャラ過ぎでしょ(笑)家はさすがにちょっとなぁ・・・

なべおつ

かしこまりました! まぁたしかによく考えたらわれわれ会ってまだ数時間ですからね(笑)いきなり家に誘うってのもデリカシーなさすぎました失礼しました! ほな2次会はわたくし第二のオススメのお店にご案内します!

女の子

うん、ありがとう(笑)




MISSION FAILED!!

 さすがに家に誘うにはまだ温め方が足りませんでした。まぁ追加のお金はかかっちゃいますが、二次会の後なら行ける可能性はありますね。

 それでは今回のポイントです。

① 家に誘って断られたら潔く引く!

 「家に誘って断られても空気を気まずくしない対処法」がシミュレーションできていれば、家にお誘いする心理的ハードルも低くなります。

 もじもじしながら言いづらそうに家に誘っても気まずくなるだけなので、スパっ提案して、相手に抵抗があったらスパッと引きましょう。その潔さとその後のフォローがあれば気まずくはなりません。

② ホテルに誘うのは温め切ってから! 

 私は渋谷在住なので渋谷でナンパしたら自宅にお誘いしますが、「家が遠くてホテルじゃないと誘えない」という方もいると思います。ホテルに誘うということはそのまま性交の提案ですので、断られたときのダメージは家に誘ったときよりも大きいでしょう。

 そのためチキンな私は、完全に温め切って「勝ち戦」と確信できた場合でないとホテルには誘えません。勝ち戦の判断基準は、先方からのボディタッチが活発とか、「眠くなってきちゃったぁ」「まったりできるところ行きたいなぁ」といった発言ですね。(渋谷以外で飲んでいてこうした状況に発展したらホテルへお誘いします)

 ちなみに最近知り合った23歳の女の子から、スマートなホテルへの誘い方について聞いてきましたのでご参考までに。

> 23歳の女の子に聞いた「ホテルへの誘い方」|なべおつ|note(ノート)

 それでは、次回もお楽しみに!

このブログが書籍化されました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。