vol.35 渋谷で黒髪童顔のノリが良い美女をナンパしてみる!

vol.35 渋谷で黒髪童顔のノリが良い美女をナンパしてみる!

初心者でも数打ちゃ当たることはある!

 ナンパは数が大事とよく言われます。その理由は、そもそもナンパ待ちをしている子やノリのよい子であれば誰が声をかけても成功する可能性が高く、声をかけ続けていればいずれこういう子に巡り会えるからです。

 経験を積めば、声をかける前に相手の雰囲気で「イケるかどうか」読み取れるようにもなりますが、これは場数を踏まないと難しいと思います。(踏んでも余裕でハズします)

 なので始めのうちは難しいことは考えず、とにかく数をこなして「ノリのいい子」に当たるのを待つというのも一つの手です。

 成功体験ができれば自信もついてきて、声をかけるのが楽しくなっていきます。

 今回は、声をかけた段階で「これはイケる」と判断できるくらいノリのいい子だった場合を紹介します。

本日の登場人物


◆黒髪萌え系美女
◆20代前半
◆優しそう

シチュエーション

 終電前の渋谷でロフト付近をふらついていた美女をナンパしてみる。

実践

なべおつ

こんばんはー!

女の子

え、あ、こんばんはー。

なべおつ

お姉さん今からどこいくんですか!?

女の子

えっと、ちょっとふらふらしてただけなんですけど。

なべおつ

えー! こんな時間に渋谷ふらふら散歩しちゃうタイプ!? アブナいですよお姉さん完全にアブナいお方ですあなたは!

女の子

え、なんでですか??

なべおつ

いやいや、お姉さんみたいなカワイイ女の子が一人でふらついてたら確実にどこぞの男にナンパされちゃいますから! 気をつけなきゃダメですよ! むしろもう何度か声かけられたっしょ!?

女の子

いや、かけられてないです(笑)

なべおつ

っえーまじっすか! ほな私がお姉さんに初めてお声がけした冴えないサラリーマンということで宜しいですか!?

女の子

はい(笑)

なべおつ

冴えないサラリーマンのとこ否定してくれないのかい!(笑)

女の子

すみません(笑)お兄さんは何やってるんですか?

なべおつ

いや〜さっきまで友達と飲んでたんだけどさ、解散しちゃってちょっと飲み足りないな〜どうしようかな〜と思ってたら、ちょうど同じ境遇のお姉さん発見したんで、思わず声をかけてしまったという成り行きですよ!

女の子

同じ境遇って、私まだ飲んでないんですけど(笑)

なべおつ

えー! この時間に渋谷にいながらにしてまだお酒飲んでいないんすか! こりゃ取り急ぎ私オススメのオシャレ居酒屋に乗り込むしかないですわ!

女の子

そんなのあるんですか?(笑)

なべおつ

そりゃありますよ! むしろもう差し押さえてあります! もしやお姉さんどこか行きたいお店とかあります?

女の子

いや、別にないです(笑)

なべおつ

OK、ではここは私オススメのお店にしときましょう! 取り急ぎご案内しまーす!

女の子

あ、はい(笑)

MISSION COMPLETE!

 こんなカンタンに行くことないだろ! と思われるかもしれませんが、稀に何の苦労もなく落とし込めることがあるんですね。これがクジ運というものでして、たまたまそういう相手に巡り合ったということです。

 とは言え、スムーズに行き過ぎて逆にこっちがコワイというパターンもあるので、そういう場合は多少の警戒心を持ちつつ相手の素性を探るようにします。

 これまでは幸運にも本当にキケンな女性に出会ったことはありません。(六本木でナンパした子が、その場にいない女友達も大量にカラオケに呼んできて、おごらされた上にタクシー代まで請求されたことくらいです。タクシー代は断りましたが) 

 今回はポイントというポイントもないのですが、一応まとめておきます。

① 話しかけたときの反応で読む!

 「こんばんはー」と話しかけて、「こんばんはー」と真面目に返してくれるコはかなりの確率で落とし込めます。

 私は基本的にすべて「こんばんは」から入るようにしています。これは『もう合コンに行くな』という本で紹介されていたテクニックを実践しているだけですが、ムダにトリッキーな入り方をするよりもずっと受け入れられやすいです。

 過去にTwitterで「へいハニー! 俺のスプラッシュマウンテンに乗ってみねぇ?www」なんて声のかけ方が(ネタとして)出回りましたが、こういう面白系ナンパにちゃんと反応してくれる女性はほぼいないでしょう。

② 向こうから質問してきたらほぼいける!

 今回のように「お兄さんは何やってるんですか?」と、向こうから質問して来てくれることがたまにあります。

 これはほぼ確実に落とし込めるパターンですので、相手に警戒されるような下手な発言はせずに、自然と会話をつなげて飲みに誘ってみましょう。

 いろんな人に声をかけていると、稀にこうしたノリの良い美女に出会えることがあるので、まずは数をこなすことから始めてみるのも良いでしょう。

 それでは、次回もお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。