vol.39 お酒が飲めない人のナンパ戦略②「ご飯を強調して誘う」

vol.39 お酒が飲めない人のナンパ戦略②「ご飯を強調して誘う」

下戸の人が夜ナンパを成功させる方法!

 前回「お酒が飲めない人でもナンパはできる!」の事例として、カフェに連れて行くシミュレーションを紹介しました。

 とはいえ昼間ならまだしも、夜にナンパして「お茶しませんか?」と声をかけても、違和感をもたれて断られるケースの方が多いです。

 お酒が飲めない方は、夜どのようにナンパすればうまく落とし込めるのでしょうか。今回は、そのための切り込みパターンを紹介します!

本日の登場人物


◆ギャル系美女
◆20代前半
◆話したらノリよさそう

シチュエーション

 渋谷センター街をふらついている美女をナンパしてみる。

パターン①「飲み→お茶→飲み」

なべおつ

こんばんはー!

女の子

・・・。

なべおつ

お姉さん今からどこいくんですか!?

女の子

もう帰ります。

なべおつ

えー! せっかくなんで今から一緒に飲みいきません!? 渋谷で一番オススメのお店があるんですよ!

女の子

行かないです。

なべおつ

っえー! 脈なし具合ハンパないです! まぁ確かにいきなり飲みに誘うなんざ図々しすぎました、ふつう一旦お茶をはさみますよね! 失礼しました、じゃあ取り急ぎスタバをはさむ方向で! フラペチーノ全種類、一番おっきいサイズでごちそうします!

女の子

いやそんなに飲めないし、お茶とか別に飲みたくないです(笑)

なべおつ

えー! 結局いただきましたお酒飲みたい発言! ほな私オススメのおしゃれなバーにご案内するという運びで宜しいですか?

女の子

いやいや(笑)

 この後の落とし込みは割愛しますが、お酒の飲めない方でも、まずは飲みに誘うというのがポイントです。どうせ最初は断られるので、その後「お茶」への誘いに大胆に切り替えます。

 相手によっては「知らない男とお酒を飲みに行くことに身の危険を感じる」 と考えている場合もあるので、「アルコールで酔わせてどうこうしようなんて下心ありませんよ」という意思表示にもなるし、冗談にとられて笑いが生まれるかもしれないし、カフェでOKもらえたらそれはそれで良いしという、ネガティブ要素のない切り込みといえます。

 また「いやふつうお酒でしょw」とツッコんでもらえたら、そのまま居酒屋に連れて行く流れに持って行きやすいのです。下戸の方でも、居酒屋に連れて行って自分は酒を一切飲まずに盛り上げることは可能です。(この点は次回)

パターン②「夕食に誘う」

なべおつ

お姉さん今からどこいくんですか!?

女の子

もう帰ります。

なべおつ

えー! せっかくなんで今から一緒に飲みいきません!? めっちゃアヒージョが美味しいお店知ってるんです私!

女の子

行かないです。

なべおつ

えー! まさかのノーアヒージョ! でもこの時間だったら絶対お姉さんお腹空いてるでしょ? もしやアヒージョ興味ないタイプ?

女の子

いやアヒージョは好きですけど、飲みには行きません。

なべおつ

はいかしこまりました! ほなノンアルコールで、アヒージョだけたしなみに行くという方向性ならOKということですね!

女の子

いや、そういう意味じゃ…(笑)

なべおつ

お姉さん本当に美味しいんですよそこの店のアヒージョ! えびが大きくてぷりっぷりで、考えただけで私めっちゃ食べたい気分になっちゃったんで、取り急ぎアヒージョだけお付き合いいただいても宜しいですか? もちろんご馳走します!

女の子

いやいや…(笑)

 ①同様この後の落とし込みは割愛しますが、「飲み」ではなく「ご飯」を強調して誘うというパターンです。

 普通のナンパとあまり変わらないと思われるかもしれませんが、具体的に料理名(しかも女性の好きそうなもの)を出して誘うと、それを食べに行くことが目的になるので、お店でお酒を飲まなくても違和感をもたれにくくなります。

 「飲みにいこーよ!」と誘っておきながら、店に着いて「俺下戸だから飲めないんだよね」と言われたら相手は不満に思う可能性があますし、「俺下戸だから飲めないんだけど飲み行こーよ!」と誘ってもOKをもらえるハズがありません。

 最初から「ご飯」を強調してナンパすることで、「お酒」の存在感を軽減させると良いでしょう。

まとめ

 ①、②とも、下戸の方でなくてもナンパのテクニックとして有効です。

 特に②は、ただ「飲みいこうよ」と誘うよりも連れて行く場所が具体的にイメージできるため、相手の警戒心を解いたり期待感を煽る効果もあります。

 ①でカフェOKをもらうパターン以外は、いずれにせよお酒の飲めるお店に連れて行くことになりますが、お酒を飲まなくても盛り上げることは可能です。

 次回は、下戸の方が女の子を居酒屋に連れて行った後の対処法について紹介します!

 それでは、次回もお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。