vol.40 お酒が飲めない人のナンパ戦略③「店での盛り上げ方」

vol.40 お酒が飲めない人のナンパ戦略③「店での盛り上げ方」

お酒を飲まなくても盛り上げる方法!

 お酒がまったく飲めない方のナンパ戦略について、vol.38vol.39と紹介してきました。

 3部作最後の今回は、下戸の方がカフェではなく飲み屋に女の子を連れて行った場合に、自分がお酒を飲まなくても相手を楽しませる方法について紹介します。

 私は下戸ではありませんが、別の飲み会の後にナンパして、もう飲めない状態であっても問題なく盛り上げていますので、それと同じ切り口として参考いただければと思います。

 「お酒を飲めないのにナンパで飲みに誘っても大丈夫なのかな…」と不安な方は、「お酒が飲めなくても盛り上げる自信」を持ってそうした不安を払拭しましょう。

 尚、vol.65では「飲みではなくご飯に誘う」という方法を紹介しましたが、ここではフツーに飲みに連れてきた場合でシミュレーションしてみます。

本日の登場人物


◆ギャル系美女
◆20代前半
◆話したらノリよさそう

シチュエーション

 渋谷センター街をふらついている美女をナンパして飲み屋に連れてきました。

ポイント①「下戸であることを素直に伝える」

なべおつ

よしほな取り急ぎ注文しましょうか! ◯◯ちゃん何飲むー?

女の子

えーっと…じゃあカシスウーロンで。

なべおつ

いいねカシスウーロン! カシオレじゃないあたり甘いお酒苦手なタイプ!?

女の子

そうなんですよ、カシオレとかカルーアって、甘すぎて気持ち悪くなっちゃうんですよね。

なべおつ

わかるわー! なんなら俺お酒全般気持ち悪くなっちゃうもん!

女の子

え、お酒全般って…飲めないんですか?(笑)

なべおつ

そうそう、飲みに誘っておいてなんなんですが、私お酒まったく飲めない下戸ちゃんなんです!(笑)でもここはせっかくなんで私もカシスウーロンチャレンジしたりますわ!

女の子

大丈夫なんですか?(笑)

なべおつ

うん! もし飲めなかったら◯◯ちゃんに押し付けるからぜんぜんだいじょーぶ!

女の子

ちょっと!(笑)

 こんな感じで、下戸であることを正直に伝えましょう。隠し続けたり中途半端なウソをつく方が気疲れしますし、相手に不審がられてしまいます。

 たとえお酒が飲めなくても、相手に「楽しめそう」と思ってもらえる雰囲気が作れれば問題ありません。飲めなくても「チャレンジしたりますわ!」というノリで、相手と同じお酒を頼むのはそのためです。

 ここで最初から「ごめん、俺下戸だから飲めないんでウーロン茶で」と言ってしまうと、「じゃあ私もウーロン茶で…(なんだよ飲めねーのに連れてくんじゃねーよ盛り上がんねぇな)」ということになりかねません。

 飲める飲めないではなく、「飲む姿勢がない」ことが相手に不満を抱かせるので、少なくとも最初の注文はお酒を頼むようにしましょう。

 また、飲めないのにムリして男っぽいお酒を頼んでも、相手も飲めなかったらただ残ってしまうだけで全く盛り上がらないので、下戸だと白状した上で相手と同じお酒(あるいは相手が飲めそうなお酒)を頼むようにしましょう。

ポイント②「下戸を話のネタにする」

なべおつ

はい来ましたカシスウーロン! ほな取り急ぎカンパーイ!

女の子

かんぱーい!

なべおつ

では私、勇気を出してカシウーチャレンジ失礼しまーす!(チビッ)あーこらあかんわ! ◯◯ちゃん、こらあきまへんわ!

女の子

いやいや! 今のぜんぜん飲んでないじゃないですか!(笑)舐めたレベルですよ!?

なべおつ

ちょっ! 下ネタは勘弁して下さい!

女の子

いや下ネタじゃないから!(笑)どういう発想してんの!

なべおつ

いやーほんとお酒飲めないって大変なんだよー! 仕事上とかでもさ! ◯◯ちゃんは初めてお酒飲んだ時から平気だったの??

女の子

ん〜そうですね、そんなに酔いませんでしたね。

なべおつ

えー! まさかの酒豪発言! 一杯目カシウなのが不思議なもんです! なんかテキーラ一本空けました的な武勇伝はないの?

女の子

いや酒豪とかじゃないですよ! テキーラは…学生のときに空けたことあるけど(笑)

なべおつ

いやそれ完全に酒豪ですから(笑)まじか、じゃあほんと私に気使わないでガンガンテキーラ行っちゃっていいからね? 私全力で応援に回りますんで!

女の子

いや応援とかいらないし一人でテキーラとか絶対飲まないから(笑)

  
 こんな感じで、まず頼んだお酒にチャレンジする姿勢を見せて(全く飲めない人は飲んだフリでOK、少しなら飲める人は飲めるだけ飲む)、その後に相手のお酒事情に話を展開しましょう。
 
 このお酒についてのやりとりで打ち解けられれば、あなたが飲まなくても相手は遠慮せずに飲めるようになります。
 
 正直に下戸だと話している分、「こいつ私にだけ飲ませてどうこうしようとしてんじゃねーだろうな」と警戒されることもなくなります。 

ポイント③「お酒を振られたときの切り抜け方」

女の子

なべおつさんって本当にぜんぜん飲まないんですね。私ばっかり飲んで酔っちゃうのイヤなんですけど…飲んで下さいよー!

  

なべおつ

えー! このタイミングで振って来る!? ほんと俺ちょっとでも飲んだら泥酔しちゃうくらいお酒弱いんだよね〜。今日会ったばかりで潰れて◯◯ちゃんちに泊まりに行くとかなったら申し訳な…え? お泊まりOK!? それならぜんぜん飲みます!

女の子

いや言ってない!(笑)そうなったら置いて行くからだいじょーぶですよぉ。

なべおつ

ちょっ! それ全然だいじょーぶじゃないパターン! わかりました、ほな潰れたら◯◯ちゃんち直行パターンということで、もうワンチャレンジいってみますか!

女の子

いや、待って、やっぱりいかなくていいです!(笑)

 こんな感じで、これ以上飲んだらヤバイことをネタっぽく伝えましょう。「ウチ泊まっていいから飲んでよ♪」と言われたらそれはそれでチャンスですし、「そんなにヤバいなら飲まなくて良いよ」と言ってもらえればそのあと振られることもなくなります。

 頑張れば少しは飲めるのか、ガチで一滴たりとも飲めないのかは人によると思いますが、できる限り「飲む姿勢」だけは見せながら、笑い話にして切り抜けるようにしましょう。

会話を盛り上げられれば問題ない!

 お酒好きの女性からすれば、もちろん男性にも飲んでもらわないとつまらないと不満に思うタイプもいます。笑い話にしようとしても通用せず、ふて腐れてしまう人もいるでしょう。

 そういう場合は潔く諦めましょう。先方の求める条件に答えられないのですから仕方ありません。

 しかしながら、たいていは「相手の女性に気持ちよく飲んでもらうトーク力」があれば問題なく切り抜けられます。

 相手がイヤがるのは(ナンパしてきておきながら)「下戸だから振られても飲みません。振らないで下さい」と明確な拒絶反応を出されること。

 この点に気をつけてコミュニケーションをとり、会話を盛り上げ楽しませてあげられれば、相手も自然とお酒が進みますし、「あなたが飲まないからつまらない」と不機嫌MAXになられることも避けられるでしょう。

 会話の流れやその切り抜け方をこうしたシミュレーションで理解しておけば、怖いものはありません。あとは実践あるのみです!

 それでは、次回もお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加