ナンパをすれば自然と身に付く!仕事に役立つ3つのスキル!

ナンパをすれば自然と身に付く!仕事に役立つ3つのスキル!

ナンパができる人は仕事もできる!

 「ナンパをする男なんてチャラくていい加減そう!」というイメージを持つ方は多いでしょう。これ自体否定はできませんが、ナンパって実は、仕事に役立つ貴重なスキルを磨くこともできるんですよね。

 特に営業マンにとっては、「ナンパ力を磨けばそのまま営業力も磨かれる」と言っても過言じゃないくらい、必要なスキルが共通しているのです。

 「ナンパなんてみっともなくてできない!(女の子との出会いは欲しいけど…)」と言う方は、「デキるビジネスマンになるためにもナンパは有効なんだ」とプラスに捉えてみてはいかがでしょうか。

 かわいい女の子との人脈を広げつつ、仕事に役立つ貴重なスキルを身につけることができると考えれば、一気にナンパが楽しくなるはずです。

 以下、ナンパをすることで磨かれるビジネススキルを3つご紹介します。

① 初対面とのコミュニケーション力!

 最も分かりやすいのがこれ。道ばたにいる「赤の他人」の女性に、(無下に扱われる可能性があるのに)いきなり声をかけて仲良くなろうとするわけですから、これほど距離を縮めるのにハードルが高い「初対面とのコミュニケーション」はないでしょう。

 ナンパを成功させるためには、短時間で相手の「心の壁」を突破する必要があります。そのために重要なのが「相手を安心させる雰囲気」や「相手の興味を惹きつける会話力」、「相手の情報を引き出す質問力」などです。

 これらはすべて仕事でも求められる能力ですが、ナンパをすることで自然と磨かれて行くのです。

 しかも色々なタイプの女性と接するほど、相手のタイプに合わせて「心の壁」を越えられるようになるので、どんな相手でも苦手意識を持たずにコミュニケーションできるようになります。

 これは営業マンが取引先と接するときには非常に強い武器となりますし、社内の人間関係を円滑にするのにもプラスに働くでしょう。

② 相手の気持ちを想像する力!

 ナンパを成功させる秘訣は、「相手のニーズに応える誘いをすること」です。しかし問題は、ナンパされる側の女性にはそもそもあなたに満たして欲しいニーズなんてないということ。

 ここで重要なのが「相手の気持ちを想像する力」です。

 相手の発言や反応から「この子は何だったらノってくれるかな?」「何は嫌がりそうかな?」と想像しながら会話をすることで、「潜在的な」ニーズを引き出す(読み取る)ことができるようになります。

 これは営業でも重要なポイントです。営業は自社の商品を一方的に売り込むのではなく、相手のニーズや課題を聞き出す(あるいは感じ取った上で)それに応える提案をすることが重要だからです。

 ナンパの成功体験を積むと、この「相手のニーズを(なんとか)引き出してそれに応える提案をする」というコミュニケーションが自然と身に付くようになります。

③ 現場の仕切り力!

 もう一つ重要なのがこれ。ナンパを成功させるには、相手に興味を持ってもらってからが勝負です。お店選びやアテンドにグダついてしまうと、相手のテンションは一気に下がり「やっぱ帰ります」と言われかねません。

 相手が「ついて行ってもいいかな」という感じになったら、パッとお店を決めてサッと案内をしてスムーズにコトを進めなければなりません。

 その際、お店は「駅に近く、明るい道を通って行けるところで、清潔感があって、雰囲気が良くて、ご飯やお酒が美味しい場所」であるのが理想です。

 もちろん事前に予約しておくわけにはいかないので、その場での臨機応変な「判断力」と「決断力」が必要になります。これらも含めて「仕切り力」が大切なのです。

 確固たる関係値が出来ていない段階で、「お店どうしよっか〜。どこか行きたいとこある?」とか「ちょっとあそこ行ってみるー? あー混んでて入れないって。やっぱ週末だと厳しいかー。うーんそれじゃああそこのお店行ってみるか。ちょっと遠いけど…」なんてグダグダやっていてはお話になりません。

 仕事においても、複数人が絡み合うプロジェクトをテキパキと仕切って進められる人は重宝されるでしょう。取引先との飲み会や社内の飲み会でも、各方面に配慮したお店選びや当日の進行など、仕切りが上手な人は仕事での信頼も上がるはずです。

補足:女の子との人脈

 業界や職場よっては、取引先や上司から合コンのセッティングを頼まれる方もいるでしょう。こうしたときにサラっとカワイイ女の子を揃えられる人脈があると重宝します。

 正直、接待合コンに自分の女友達を連れて行くのは気が進まないのですが、ちゃんとした関係値を築いておけば、こうした場でもこちらの事情を汲んでくれて、快く参加してくれるものです。

 ナンパでできた女の子との人脈は、そのまま仕事でも活用できるプラス要素になるのです。(相手から関係を聞かれて困る場合は、女の子と口裏を合わせておきましょう)

 それでは、次回もお楽しみに!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1