【完全版】成功するナンパ・恋愛テクニック大全

「ナンパ」と「仕事」で成果を上げるために最も大切なこと

私がナンパにハマり出したのは社会人になってからです。

新卒で入社した広告会社で、配属された部署の先輩たちにたまたまナンパ好きな人が多くて、歓迎会で飲んだ帰りにナンパをする流れになったことがきっかけで、その後、週末や休日に頻繁にナンパや合コンに繰り出すようになりました。

当時の私にとって「ナンパ」と「仕事」は日常を楽しむための車の両輪のようなもので、相互に影響し合いながらどちらのスキルも伸ばしていくことができました。それはナンパで学んだことを仕事に活かし、仕事で学んだことをナンパに活かして成果につなげることができていた、ということです。

たとえば入社直後のG.Wに、マーケティング部の先輩に連れられていった「山手線一周ナンパの旅」では、先輩から「これはマーケティング調査も兼ねている!」と告げられ、単に女の子の顔を追いかけるだけではなく、各駅のユーザー層やG.Wの混み具合、駅付近にはどんなお店があるのかといった情報を同時に収集していました。(まぁ形だけで、実際はほとんど役に立っていませんが笑)

反対に、ナンパで初対面の人に話しかけ、気まずい「間」を作ることなく会話を盛り上げた経験は、仕事で飛び込み営業をするときや、新規クライアントに新人一人でアポイントをとって乗り込んでいく度胸を与えてくれました。

このようにナンパと仕事の相互作用でどちらの成績も伸ばして行くことができた私ですが、中でも、私が会社の先輩から教わったことで最も重要だったと感じるのが、「相手の利益になる提案であれば、先方は絶対に受け入れてくれる」というものです。

この記事は有料記事です。
今すぐ登録して続きを読む
> ログインして続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。