【完全版】成功するナンパ・恋愛テクニック大全

「好きな俳優」はいるけど「好きな女優・アイドル」はいない理由

合コンや友達との飲み会で、「好きな女性芸能人って誰??」て聞かれることあるじゃないですか。

私、あの質問されるとめっちゃ困るんですよね。

結論からいうと「いない」もしくは「みんな」というつまらない回答しかできないからです。

だって芸能界にいる女性って、若い人も年上の人も、女優もアイドルもタレントもアナウンサーも、みんなめちゃめちゃ可愛い(ないしキレイ)じゃないですか。

最近だと芸能界に限らず、SNSで自撮りをあげている一般の女の子も可愛い子ばかりで、毎日のように新しい女の子を発見しては、「世の中どんだけ可愛い子いるんだよ!」って一人でツッコんでます。

その中から一番なんて決められないし、決めたとしてもどうせ一時的な好意で終わるのは目に見えてるわけなので、「好きな女性芸能人」を決めることにまったく意味を感じないんですね。

こういうと、「そんなことは大前提で、その時一番ハマってる人や気になる人を言えばいいじゃん」って話になるんですが、それもできません。

だって甲乙つけられないレベルに可愛い人が多すぎるんですもん。一人を選べないんです。

「複数人挙げろ」って言われたらとしたら「全員」ってなってしまう。

たとえば「好きな女性芸能人TOP10」に並ぶような人は全員好きです。TOP100でもたぶん全員好きです。(見たことないけど)

「誰か一人と付き合えるとしたら誰を選ぶ?」と聞かれたら、「そんなシチュエーションありえないから考える意味がない」と答えます。(やなやつ笑)

で、仮に合コンで有名な女優さんの名前を一人挙げたら、「そういうタイプが好きなんだ〜」って誤解されて、それに当てはまらない人や全然違うタイプの女性は恋愛対象から外れるくらいに思われる場合もあるじゃないですか。

たとえば「中条あやみが好き」っていったら「ああ背が高いモデル系のハーフ美人が好きなのね」って思われるわけですけど、実際は広瀬すずも好きだし、浜辺美波も好きなわけです。系統が全然違っても、みんな飛び抜けて可愛いことに変わりないわけですから。

その中から一番なんて決められますか? 決めることになんの意味があるんですか? って話なんですよ。

仮に中条あやみさんのことが「一番好き」だとしても、とある神様から「中条さんと付き合うことは絶対に叶いませんが、広瀬すずさんとなら今すぐ付き合うことができます」って言われたら、喜んで広瀬すず派になるでしょう。

それくらい簡単に心変わりするのが実際なのに、かりそめの一番を決めることに一体何の意味があるのか、と考えてしまうのです。

こんなこというと「可愛けりゃ誰でもいいなんて、どんだけ女たらしなんだ!」って思われるかもしれませんが、逆です。

内面を知らないから、外見だけで一番を決めることはできないのです。

たとえば女友達や直接関わりのある女性の中であれば、一番を決めることはできます。それは直接コミュニケーションを取ったことがあって、人となりだったり、雰囲気だったり、相性だったりがある程度わかるから。

そして継続的に関係を続けていける可能性があって、今後も相手のことを深く知っていける関係にあるからです。

女性芸能人はメディアを通して見るだけの相手だし、プライベートで会って親交を深めていけるわけではないので、相手が実際はどんな人なのか、内面までは分かりえません。

そのため結局は外見だけで選ばざるを得ず、みんな甲乙つけられないくらい可愛いから一番なんて選べない、という結論になるわけです。(もし自分が芸能人と知り合える環境にいれば話は変わってきます。深く関わった人が一番の「推し」となるでしょう)

要するに「好きな女性」を決めるには内面もわからないと選べなくて、芸能界の女性は内面知る機会がないから外見だけで選ばざるをえず、外見だけでいったらみんな可愛いから一人に選べない、となるわけですね。

飲みの場でこういう話をすると「ただただめんどくさいやつ」と思われるだけなのでまずしないのですが、同じ考えの人、いないですかね。。笑

一方で、好きな男性芸能人(主に俳優)はある程度絞れるんですよ。好きな俳優は堤真一さんと小栗旬さんです。この2人が出ている作品ならとりあえず見てみたいと思えるくらいに好きです。

俳優さんの場合は、同性ということで自己投影できる分、「自分もこんな男になりたい」「こんな生き方をしてみたい」と思わされる男性像を演じてくれる人に惹かれて、好きになるんです。

たとえば私が新卒で広告業界を選んだのは、堤真一さんの『恋ノチカラ』というドラマを見て、広告会社の仕事に惹かれたからですし、その後、独立・起業ができたのは、小栗旬さんの『リッチマン、プアウーマン』を見て勇気をもらったからです。

「演技」を好きになるということなので、(女性芸能人の場合と違って)プライベートでの内面を知りたいとは思いません。

単純に仕事をしている姿に憧れを抱くかどうかなので、メディアを通して見られる姿だけでファンになれるんですね。

なので裏で浮気しようが不倫しようがどうでもいいし、むしろ知りたくないからできるだけそういうゴシップ情報には接しないようにしています。

もちろん女優さんでも演技に惹かれて好きになることはあるんですけど、一時的なもので終わってしまうことが多く、この人の作品なら見たいという気持ちまで至ることは(今のところ)ありません。

やっぱり同性の俳優さんの方が自己投影できる分、何度も見たい、いろんな作品を見たいって思えるんですね。

もし好きな女優やアイドル、タレントを一人に絞って、ファンとして応援し続けられている人がいるとしたら、

  • どれくらいの期間ファンなのか
  • その人にあって他の人にはない魅力とは何なのか
  • なぜその魅力を知ることができたのか

をぜひ聞いてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。