「なべおつ式ナンパの教科書」連載中!

合コンでカワイイ女の子と出会うための3つの戦略

前回、「恋愛したいなら出会いを増やしましょう」というお話をしました。

あなたが恋をはじめられないたった一つの理由

あなたが心を奪われるような魅力的な女性と出会えれば、自然と恋は始まりますし、そうした女性と出会うためには、まず出会いの絶対数を増やす必要があるからです。

「出会いの場」というとまず思い浮かぶのが「合コン」ですよね。でも、「合コンにはカワイイ子は来ないから時間とお金のムダ」と考える人も多いのではないでしょうか。

確かに何の戦略もなく、行き当たりばったりで参加したり、身近な女の子にセッティングをお願いしたりしているだけでは、あなた好みの女性と出会える可能性は低いです。

逆に言うと、戦略的に合コンをセッティングすれば、運に頼ることなく、カワイイ女の子と出会う可能性を高めることができます。

今回はこの方法について紹介しましょう。

補足
※この記事は、2013年にマイナビニュースに掲載された「恋愛はできる!」という全12回の連載に加筆・修正したものです。


当時と比べて「合コン」という言葉は死語になりつつあると感じますし、今は新型コロナの影響で大人数飲み会ができないので、3〜4人程度の集まりで、好みの女性を紹介してもらう方法についても補足して紹介します。

合コンでカワイイ女の子と出会う3つの戦略

まず前提として、意図的に美女との出会いを生むためには、あなた自身が行動を起こさなければなりません。

誘われた合コンに顔を出すだけの「受け身」の姿勢では、カワイイ女の子に出会えるかどうかは運任せになってしまいます。

確実にカワイイ女の子との出会いを生むためには、自分から行動すること、つまり幹事をしてしまうのが一番手っ取り早いです。

自分が幹事をする場合、女性側の誘い方には以下の3つがあります。

①呼んでもらう相手を指名する

幹事の女の子に「この女の子を呼んで」と直接指名してお願いするパターンです。

あなたが知っている女の子でもいいし、知らないけどSNSなどで写真を見た女の子を指名するのでもいいでしょう。事前にルックスが分かっているため、確実に好みの女性と出会うことができます。

「指名なんて嫌がられそうでできない」という方も多いと思いますが、これにはコツがあります。

  1. 相手の女の子と信頼関係を築いておく。
  2. 相手の女性にもメリットを提示する。

1つ目は、普段から「この人の合コンなら盛り上がりそうだから安心」「この人ならセクハラじみた合コンにはならないだろう」という信頼を得ておくということです。

この信頼があれば、「今度、飲み会に◯◯ちゃん呼んでくれたりしない?」とか「インスタに映ってた友達の子めっちゃタイプなんだけど、紹介してくれない?」と言っても聞いてもらえやすくなります。

2つ目は、「こちらもイケメンを手配するから、カワイイ女の子を呼んでもらう」ということです(つまり交換条件)。

この場合、あなたに「女性ウケのよい男友達」がいることが前提になります。普段からカッコいい男性友達とつるんだり、増やしたりするように心がけましょう。

「合コンにイケメンを連れて行くと、そいつに全部持っていかれるから意味がないのでは?」と思う人もいるかもしれません。もちろんあなたよりもそのイケメンの方が圧倒的に魅力があるのなら、そうなる可能性は高いでしょう。

しかしもしそうなら、仮にそのイケメンがいなかったとしても、あなたが意中の女性を手にできることはないでしょう。

あなた自身に魅力がなければ、どんな戦略やテクニックを用いても、女性を落とすことはできないからです。

大切なのは、自分が魅力的な存在になるために自分を磨いていくことであり、自分の周りからイケメンを排除することではありません。周囲にダサ男ばかりを集めて相対的に自分の魅力を高めたところで、美女を落とせるようにはなりません。

とはいえ、自分の周りを「圧倒的なイケメン」ばかりで固めてしまうと、女性陣の目が自分に向くことがなくなってしまい、自信を失うだけの結果になることもあります。この点については、私自身経験があるため、後ほど説明します。

尚、「どうせ指名するなら個人的に紹介してもらう方が早い」と考える方もいるかもしれません。実際に紹介してもらえそうなら、それも全然アリです。

ただし、いきなり連絡先を教えてもらって一対一で飲みに行くようにすると、相手の女性的にも受け入れづらい(紹介しづらい)ことがあるので、まずは「飲みの場に呼んでもらう」ことを目指した方が無難です。

コロナ禍では大人数合コンがやりづらいので、男2:女2や、男1:女性2の少人数飲みを企画して、意中の女性を連れて来てもらうようお願いしましょう。

具体的には、まず男友達と2人で飲んでいるところに女友達を呼んで、自分の友達を紹介し、男2:女1で仲良くなってから、その場や次に遊ぶときにもう1人女の子を呼んでもらうパターンです。あるいは女友達とサシ飲みをしている場に、意中の女性を呼んでもらうのでもよいでしょう。

②カワイイ女友達が多い女性と友達になる

指名が難しい方は、カワイイ女友達が多い女性と仲良くなりましょう。本人がカワイイ必要はありません。

SNSなどの写真を見て、いつも一緒に写っている女の子がカワイければ、合コンにその子たちを誘ってくれる可能性は高いです。「たまたま一度だけ一緒に写っただけ」や「遠方にいる地元の友達」ではないことを注意して見抜きましょう。

また、直接口には出さずにカワイイ女の子を誘ってもらうためには、以下2つのテクニックがあります。

1つは、「イケメンそろえるから期待しててね!」と言って、相手に釣り合いを取ってもらうよう暗に伝えるというもの。

もう1つは、「◯◯ちゃんって男に好かれる女の子のタイプよく分かってるよね」のように普段からジャブを打っておき、「男に好かれるタイプの女の子を呼んでくれることを期待している」と暗に伝えるパターンです。

女の子の言う「カワイイ」は信用できないと言われることが多いですが、「男の好み分かってるよね」と一言伝えておけば、その期待に応えようという気になってくれるかもしれません。

③女性にモテる男性の友達を作る

女性の友達が少なくて合コンをお願いできない(自分で企画ができない)という方は、モテる男友達を作りましょう。

周りにカワイイ女友達が多い男性と仲良くなれば、当然合コンの質もよくなります。

女性の友達を増やすのが苦手な方は、まず男性の友達を増やすことから始めるといいでしょう。

イケメンの友達がいれば、上記①②の手法を使ってカワイイ女の子を呼んでもらいやすくなります。

「イケメンを呼んだらそいつに全部持っていかれてしまう」というせこい考え方はやめましょう。美女をモノにするには、結局のところ魅力のある他の男性たちから勝ち取らなければなりません。

自分の魅力を高めることが本質的に重要でなのであって、それを怠り自分の周りのレベルを下げる対症療法ばかりしていては、いつまで経っても美女と出会い、付き合うことはできません。

とはいえ、顔がカッコいいだけでなく、明るく爽やかで優しくてトークも面白く、スタイルも良くて仕事もできて収入もよく、自分にストイックで運動神経もいい、というような、ほとんど欠点のない「男にも好かれるイケメン」が相手だと、まず勝ち目はありません。

私自身、合コンの場にイケメンがいても、自分のトーク力や盛り上げ力、優しさによって美女を落とせる自信を持っていたので、合コンには積極的にイケメンを呼ぶようにしていました。(その方がカワイイ女の子にも来てもらいやすく、自分にもメリットがあるからです)

しかし「圧倒的イケメン」を前にすると、何をどうがんばっても最終的にはすべて持っていかれてしまうという残酷な現実に直面しました。

最初はあまり気にしていなかったのですが、何度もその圧倒的イケメンと遊びに行って、出会う女の子すべてが私でなくそのイケメンに心を奪われる現実を目の当たりにすると、もはやトラウマになるレベルの絶望感を覚えます。

非の打ち所がない完全無欠のイケメンが一緒だと、フツメンやブサメンに勝ち目はなく、ただ目の前で好みの女性たちの心が奪われていく様子を見させられるハメになり、自分が惨めになっていくのです。

そうして自信を失い、「所詮、顔がよくないと美人は落とせないのか」とか、「どうせ自分はブサイクだから相手にされないだろう」とか、「圧倒的イケメンにはどうあっても勝てないんだ」という卑屈な心が芽生えると、自分の魅力もどんどん失われていきます。

卑屈になったままだと、その圧倒的イケメンがいない場でも、いままで通り自信を持って女性を口説くことができなくなってしまうのです。

この状態から脱するのに、私はものすごく時間がかかりました。

そのためおすすめなのは、「顔は負けていても、この点は勝っている」と自分が思えるイケメンを誘うことです。

たとえばあなたがトーク力に自信があるなら、トークはいまいちだけど顔はいい友達を誘い、明るさに自信があるなら、根暗でネガティブなイケメンを誘う。

歌唱力に自信があるなら、歌が下手なイケメンを誘い、運動神経に自信があるなら、運動が苦手なイケメンを誘う。

高身長がウリなら、顔はいいけど身長が低いイケメンを誘う、というように、勝負できるポイントがあるイケメンを揃えるようにしましょう。

そうすれば、女性陣は顔がいい男性がいる合コンなので喜ぶし(カワイイ女の子を連れてきてくれやすくなるし)、あなたにもチャンスがあるので、頑張り甲斐のある、みんなにとってWin-Winな合コンとなります。

私の場合、「明るさ・優しさ・会話力」には自信があるので、「イケメンだけどあまりしゃべらない・話が面白く ない・とっつきにくい・下心が露骨に出ている」ようなタイプと遊ぶようにしています。

これは友達を品定めするということではありません。たいていの場合、よく遊ぶ友達や長い間関係が続いている友達は、お互いがお互いに対して、どこかで自分の方が勝っていると思える点があるものです。

主観的にも客観的にも完全敗北していて、一緒にいると自分が惨めになるだけの相手と親友関係でい続けることは想像以上に難しいもの。

そのため、あなたがよく遊んでいる顔面のいい男友達を誘えば、基本的にはあなたにもチャンスのある合コンになるはずです。

もし身近にイケメンがいなければ、友達の友達でもよいので、イケメンの友達を増やすことから始めてみましょう。

そうして一緒に合コンをしてみて、「このポイントなら勝てる」という点が見つかれば、そのイケメンと遊びまくるのです。

イケメンのおかげでカワイイ女の子と遊べる機会が増える上、自分にもチャンスがあるため、出会いの質が一気に高くなります。

好みの女性がいない合コンでも、チャンスはある

最後に合コンでの注意点をお伝えします。

もし参加した合コンに好みの子がいなかったとしても、あからさまに態度に出してはいけません。

特に合コンをお願いできる女友達が少ない方は、こうした出会いでコネクションをつくっていくことが大切です。

こういう時にイヤな顔せず女の子全員に優しく接して、全力で楽しませてあげる姿勢を示すことが、②で説明した「信頼」につながります。

顔で女の子への態度を変えるような男に、自分の友達を紹介したいと思う女性はいません。

ここで女性陣の信頼を勝ち取り、「この人との合コンなら楽しいからまたやりたい」と思ってもらえるようになれば、次の合コンも受けてもらえますし、その際に「カワイイ子を呼んでね」というお願いもしやすくなります。

どんなにハズレだと思った回でも、全力で楽しんで盛り上げる。そのほうがあなたにとっても有意義な時間になりますし、その先にカワイイ女の子と出会える可能性も高くなります。

モテない男性ほど、自分のことは棚に上げて女性のことを厳しく評価しがちですが、誰でも1人はカワイイ女の子とのつながりは持っているものなので、自分がタイプではないからといって雑に扱ったり、つまらなそうな態度を取ったりすることはデメリットにしかなりません。

意図的に美女と出会うために一番重要なポイント

さて、今回紹介したいずれの方法についても、共通して意識すべき重要なポイントがあります。

それは「あなた自身が友達に紹介したくなるくらい魅力的な男性であること」、つまり「あなただったらカワイイ女の子を紹介してもいい」と思ってもらえる男性になることです。

魅力がない男性に「カワイイ女の子紹介して!」とお願いされても、「調子乗んな!」と思われて終わり。男友達であろうと女友達であろうと、そんな身勝手な要望には応えられないというのが正直なところでしょう。

今回紹介した方法について「そんなのムリだ」と考えてしまう人は、ここに自信がないのです。

自信がないから「合コンなんて企画できない」「可愛い女の子を連れて来てなんて頼めない」と思ってしまうのです。

魅力というのは、何もイケメンでなければならないということではありません。あなたが持って生まれた素材を最大限高める努力さえすれば、十分魅力的な男性として、友達に紹介したいと思ってもらえるようになります(本連載では、こうした魅力の高め方についても紹介していきます)。

次回は、「そもそも女友達が少ないから合コンを企画できない」という方に向けて、誰でも必ず女性と出会える「街コン」の活用法について紹介します。お楽しみに!