ナンパを成功させるために越えなければならない3つの壁!

ナンパを成功させるために越えなければならない3つの壁!

イケる、イケないの判断はできますか?

 ナンパを不安に思う理由の一つに、「どこまで行けばゴールできるのかイメージがわかない」という点があると思います。

 「OKの寸前まで来ているのか? それとも完全に無駄骨なのか?」の判断がつかないと、もう一息だったのに途中で諦めてしまったり、望みが無いのにしつこくしてしまったりと、思うように成果に結びつかないことが多いでしょう。

 成功体験がない内はこうした判断がつきづらいのは仕方ないですが、この見極めができるようになるとナンパは一気に楽しくなります。

 「これは行ける」と判断がつけば、ゴールを見据えてコミュニケーションを楽しむだけですし、「これはムリだ」と判断がつけば、余計な心労や無駄な出費をせずに済みます。

 マラソンと同じで、ゴールまでの距離が分かっているかどうかは精神的な負担に大きく影響します。

 今回は「行ける行けない」の判断を分かりやすくするために、ナンパ成功までに越えなければならない3つの壁について説明します。

成功までに越えなければならない3つの壁!

壁①「反応してくれるか?」

 一つ目の壁は、話しかけた相手が「反応してくれるかどうか」です。

 声をかけても無視されることはザラにありますが、相手が反応さえしてくれれば、会話の糸口を掴むことで成功まで持っていける可能性はあります。

 とはいえ「否定的な反応」ではハードルが高いのは言うまでもありません。

 まずは話しかけたときの反応で「行けるか行けないか」を判断できるようになりましょう。

 たとえば「ウザイ」「キモイ」「消えて」といった否定的な言葉をいただいた場合や、舌打ちされたり、睨みつけられたり、逃げるように足取りが速くなったり、言葉を発しないまま明確な嫌悪感を示される場合。

 これらの場合は、いくら前向きに攻めても成功する確率はほとんどないですし、心ない言葉や態度を受けて精神的に疲弊してしまうリスクがありますので、早々に手を引く判断をするのが賢明です。

※撤退の仕方については「vol.12 渋谷で秋元梢風の黒髪パッツン勝ち気美女をナンパしてみる」を参考にしてみて下さい。

 逆に言うと、これ以外の反応であれば、ナンパが成功する可能性はゼロではありません。

壁②「笑ってくれるか?」

 次に越えるべき壁が、「相手を笑わせられるかどうか」です。

 あなたが圧倒的なイケメンで、顔だけで女性の興味を引ける場合を除いて、相手を笑わせることなくナンパが成功することはほぼありえません。

 顔の要素を除いた場合、先方は「この人と過ごす時間は楽しそうか?」を基準に考えるからです。

 また笑いのある会話は雰囲気を明るくして相手の警戒心を解き、安心感を与えることにもつながるので、ナンパ成功に「笑い」は必須の要素と言えます。

 ①の壁で「否定的ではない反応」を得られた場合は、相手を笑わせられるかどうかが、成功に近づいているかどうかの判断基準となります。

 極端な話、話しかけた時に無視されたとしても、それが嫌悪感丸出しの無視でなければ、次のアプローチで相手を笑わせることで成功につながる能性はあります。

 それくらい、笑いを生めるかどうかはナンパ成功に大きく関与する要素なのです。

壁③「時間があるか?」

 声をかけた相手が反応してくれて、そこから笑いで場を盛り上げられれば、かなりの確率で連絡先まではゲットできます。

 「せっかく仲良くなったんだし念のため連絡先だけでも交換しときましょっか!」と言えばたいてい教えてくれます。(このアプローチ法は別エントリーで詳しく紹介します)

 しかしその日の内に飲みに行けるかどうかは、当然相手の都合にかかっています。

 つまり「今から飲み行きましょう!」と誘ったときに、相手に時間があるかどうかが最後の壁になるわけです。

 たとえば終電間際に小走りで駅に向かう人や、荷物を大量に持っていて早く帰路につきたそうな人、友達と待ち合わせしているのが丸わかりの人に声をかけても、その日のうちに飲みに行ける可能性は低いです。

 連絡先目的で声をかけるのであれば問題ありませんが、その日の飲み相手を探しているのであれば、時間がありそうかどうかを見極めて声をかけることも重要です。

まとめ

 ここで説明した3つの壁は、それぞれ攻略の仕方が変わってくるので、この点については次回以降説明していきます。

 重要なのは「今はどの壁に向かっている状態で、この壁はどうすればくぐり抜けられるか?」を意識しながらナンパをすることです。

 声をかけた時に否定的な反応をされなければ、「まずは相手の興味をひくアプローチをして会話を引き出そう」となりますし、ある程度会話の受け答えをしてくれる相手であれば、「笑わせてムードを良くして警戒を解こう」となるでしょう。

 壁に合わせて攻略パターンを考えれば、出すべきカードが明確になるのでスムーズにナンパを進めていくことができます。

 これによって相手との距離感を測れるようになるので、「OKの寸前まで来ているのか?それとも完全に無駄骨なのか?」の判断もつくようになるでしょう。

 それでは、次回もお楽しみに!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1