vol.1 渋谷で清楚系美女をナンパしてみる

vol.1 渋谷で清楚系美女をナンパしてみる

異性との出会いはナンパでつくれ!

 ナンパとは、あなたが好みの女性と出会うための最適な手段です。必要なのは勇気(とコンプライアンスの意識)だけ。自らの行動によっていくらでも出会いを生み出すことができるのです。

 「いい出会いがない」と嘆きながら妥協で付き合い結婚するのではなく、理想の女性との出会いを自らつかみ取りに行きましょう。

 今宵も渋谷の街には、あなたの好みの女性がたくさん溢れているはずです。それではシュミレーションを行ってみましょう。

本日ナンパする相手

◆清楚系美女
◆20代前半のOL
◆雰囲気柔らかめ
◆無視はされなさそう



ナンパのシチュエーション

 花金の渋谷。一次会後に帰ろうとしている清楚系の美人OLに声をかけて、2人で二次会に誘ってみましょう!

ナンパ実践

なべおつ

こんばんは〜!

女の子

・・・?!

なべおつ

今からどちらへ??

女の子

あ、いえ、もう帰ります。

なべおつ

えー!! 花金なのに?! 全然飲み足りないって顔に書いてらっしゃるんで、ほな取り急ぎわたしのオススメのお店で二次会を実施すると言う流れで宜しいですか? もう予約しといたんで! 取り急ぎ!!

女の子

なにその取り急ぎって、流行ってるんですか?(笑)予約とか絶対ウソですよね。

なべおつ

いやいやホンマですよ!! 私のオススメのお店押さえといたんで、取り急ぎそちらに案内する形で宜しいですか? 立ち話だとかおりちゃん疲れちゃいますからね!!

女の子

私かおりじゃないんですけど・・・。

なべおつ

えー!! ここに来てハズしちゃいましたか・・・! じゃあゆかりちゃんということで宜しいですか?

女の子

ゆかりでもないです!!

なべおつ

おっけ、ほなもし名前当てられたら、取り急ぎ私が渋谷でいちばんオススメの居酒屋にお連れすると言う形で宜しいですか?

女の子

何それさっきから、オススメってどこですか??(笑)

なべおつ

あ〜もうすぐそこですよ! なんならここから見えますね! あちらに見えてる「カチカチ山」でございます!

女の子

カチカチ山?? いったことなーい。でも全然オシャレじゃなさそう。。

なべおつ

まじ!? 名前はこの上なくダサいですけど、雰囲気良いしご飯美味しいしオススメなんです!! もちろんごちそう致しますよ先生!!

女の子

なんで先生なの。。(笑)うーんじゃあ名前当てられたらね!

なべおつ

はい任せて下さい! 先生は〜たぶん景子似の美人さんなんで、景子ということにしませんか??

女の子

なにそれ全然似てないから!! もういいよじゃあ景子で(笑)

なべおつ

よーし! ほな景子ちゃん取り急ぎカチカチ山へご案内致します!!!

女の子

お兄さん変な人だね面白い(笑)



MISSION COMPLETE!

 はい! 見事に清楚系美女を二次会へお誘いすることができました! 今回のポイントをまとめてみましょう。

①テンション高く!

 うるさすぎると鬱陶しく思われる場合もありますが、テンションが高い方が成功確率は高いです。ナンパに付いてきてくれる女性は「楽しい時間」を求めているので、クールで無口でも付いてきてくれるのはあなたが超絶イケメンの場合に限ります。

②質問形式で誘う!

 「いこーよ! ね! いいじゃん!」という誘い方は、強引にうつり相手が引いてしまう可能性が高いです。「○○ということで宜しいですか?」と質問形式にすると、謙虚な印象を与えるとともに、勝手に行く前提で話を進めているところがギャグっぽくうつり女性もYesと言いやすくなります。

③話をとぎらせない!

 自分から話しかけておいて気まずい間を作っては行けません。「この人について行っても盛り上がらなそう」と思われたらおしまいなので、うまく切り返しながら会話を盛り上げましょう。

 いかがでしょうか。今回は相手もノリの良い子だったので会話を展開できましたが、話しかけても完全にムシされてしまう場合ももちろんあります。そういう場合でもうまく会話が展開できるように、いろんなトーク術をどんどん公開していきます。

 次回もお楽しみに!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1