vol.7 渋谷でネット系の新卒美女をナンパしてみる

vol.7 渋谷でネット系の新卒美女をナンパしてみる

会話上手ならナンパは成功する!

 ナンパで重要なのは相手との会話を盛り上げる技術です。先方は何もイケメンを求めているわけではないので、無口なイケメンがナンパに成功する確率は低いでしょう。
 
 つまり「この人と飲みにいったらドキドキしそう」なんて期待しているのではなく、「この人と飲みにいったら面白そう」と考えてついてきてくれるわけです。
 
 あなたが会話を盛り上げることができれば、ルックスに関係なくついてきてくれる可能性は十分あります。会話を盛り上げるためのコツは、「ツッコミどころを用意する」ことです。ではシュミレーションで見ていきましょう。
 

本日のお相手


◆ネット系新卒美女
◆20代前半
◆入社したてで気分上々

シチュエーション

 渋谷で、恐らくネット系会社の仕事帰りの新入社員である美女を飲みに誘ってみましょう。

実践

なべおつ

こんばんは〜!

女の子

え、はい??

なべおつ

今日もお仕事おつかれさまです!!いまからどちらへ??

女の子

あ、おつかれさまです。もう帰ります。

なべおつ

えー!!せっかくなんで取り急ぎ本日の一杯、たしなみにいきませんか!?せっかくなんで!

女の子

え、いや、せっかくってなんですか(笑)行かないです。

なべおつ

あらら! 仕事帰りに一杯行かない派ですか?? もしや入社したての新卒美女さんですか!

女の子

あ、はい。新卒ですけど。美女じゃないです。

なべおつ

いやいや! いま渋谷で噂になってますよ!「美しすぎるネット広告会社の新卒」って! よかったーこうしてお会いできて!

女の子

そんなわけないじゃないですか(笑)ってか、なんでネット系ってわかったんですか?

なべおつ

そりゃこんなオシャレでカワイイ女の子、ネット系か109のカリスマ店員以外の何者でもありませんよ! なんならこないだテレビで特集されてましたよ! やっぱり会社でも先輩からかわいがられるでしょ!

女の子

いやいや。周り私より全然カワイイ子ばっかりなんで。

なべおつ

まじすか! そんなキラキラ美女が集まる会社に入れるなんてお姉さん相当優秀なんですね! ほな取り急ぎガツンと入社祝いしに行っときますか!

女の子

いや全然優秀とかじゃないです(笑)入社祝いはもうしてもらったんで大丈夫です。

なべおつ

いやいやお姉さんよく考えて下さい! 人生でこれほど入社を祝ってもらえるタイミング今月しかありませんよ! 幸いにもまだ4月! なんたる幸運! なんということでしょう!

女の子

たしかに。。(笑)

なべおつ

おめでたいことは何回祝ってもいいですからね! 責任もって私がお姉さんの入社を盛大にお祝いして差し上げます! もうお店、予約してあるんで!

女の子

うそーもう予約しちゃったんですか?(笑)どこですか?

なべおつ

いつもだったら私オススメのカチカチ山に盛大にご案内するところですが、今回はお祝い事ですし(しかもあそここないだ潰れちゃったんで)ココは奮発して「東京基地」にご案内しましょう!

女の子

えーどこですかそれ、行ったことない。

なべおつ

ここはホンマにオススメです! 秘密基地がコンセプトで雰囲気もいいし、隠れた名店でございますお客様。

女の子

お兄さんそこのお店のキャッチですか?(笑)

なべおつ

いやいやふつーにスーツ来てサラリーマンやってますわ!(笑)

女の子

えーどこで働いてるんですか??

なべおつ

ほなその辺りの詳細を語らうことも含めて、取り急ぎ「東京基地」に直行しますか! もう予約しちゃったんで!

女の子

お兄さん手際よすぎ(笑)




MISSION COMPLETE!!

 見事成功しました!!新卒の方はまだ就活時に重視していた「コミュニケーション能力」を発揮してくれることが多いので会話が盛り上がりやすいです。

 それでは今回のポイントを確認します。

① 1つの発言に1つのツッコミどころ。

 ナンパで声をかけたときは、最速で会話を盛り上げるよう配慮しなければなりません。そのためには相手が会話しやすいよう、わかりやるいツッコミどころを1つの発言に1つ以上盛り込むことを意識しましょう。

 「せっかくなんで」「取り急ぎ」という言葉は「なにがせっかく?(笑)」「なんで取り急いでるの?(笑)」という潜在的なツッコミ要素を秘めているので初心者でも使いやすいと思います。
 

② 豪快に褒める。

 カワイイ子に「カワイイねー」とか、美女に「おきれいですねー」なんて言っても効果はゼロです。初対面の人にそんなこと言われても、下心しか映らず気持ち悪がられるだけでしょう。

 褒めるのであれば、「ボケ」と取ってもらえるくらい豪快に褒めちぎるようにしましょう。相手を褒めて気分良くさせつつ、ツッコミどころも与えるという効果的なテクニックです。

③入社祝いネタ。

 新卒の弱み(?)につけ込む当たりキモチ悪いと思われる可能性もありますが、「下心のある個人的なお祝い」ではなく「日本社会からの盛大なお祝い」という体でワクワクするようにお誘いしましょう。相手も抵抗が薄くなります。

 もちろんその言葉に反しないよう、ケチらずちゃんと盛大にお祝いして上げる覚悟が必要ですが。

 では、次回もお楽しみに!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1

コメントする

*
*
* (公開されません)