ナンパ

vol.14 渋谷で篠田麻里子系ショート美女をナンパしてみる。

1942 Views

ナンパトークは使いまわしでOK!

 ナンパのトークは、基本的に使い回しで問題ありません。 なぜなら一度ナンパした子を再びナンパしてしまうことは、確率的にほとんどありえないからです。あったとしても相手は覚えていません。

 特定のクラブに毎週のように顔を出してナンパしている場合は顔を覚えられる可能性はありますが、ストリートナンパで同じ人に声をかけてしまったことは私の経験上一度もありません。

 「前もその話し方でナンパしてきたよね」という恥ずかしい展開になることはまずないので、第一声や話の組み立て方はある程度マニュアル化できるのです。

 今回は、モデル系美女に声をかけるときのパターンをシュミレーションしてみましょう。

本日のお相手


◆篠田麻里子系ショート美女
◆20歳半ば
◆サバサバしてそう

シチュエーション

 宮益坂から駅に向かう、しのまり系ショート美女をナンパしてみましょう。

実践

なべおつ

こんばんはー

女の子

・・・はい?

なべおつ

お姉さん今からどちらへ!?

女の子

あーもう帰ります。

なべおつ

やはり! どうりで駅に向かってらっしゃるはずです! でもお姉さん、ここは明日の撮影のためにも体が温まるもの食べといた方が良いと思うんですよね! 私が渋谷で一番おいしいお鍋のお店にご案内致しますよ!

女の子

いや行きません。てか撮影って、私モデルじゃないです(笑)

なべおつ

えー!! まさかここまでの逸材を今まで日本は見落としていたということで宜しいですか?! よかったー無事に発見できて!

女の子

いやいや(笑)

なべおつ

でも撮影ないなら尚更飲み行けるじゃないですか! もしや明日お仕事ですか?!

女の子

いえ休みですけど。

なべおつ

えー! 明日休みなのにもう帰っちゃう! まさか休みの前日は自宅でのんびり派なんですか!?

女の子

いやそんなことはないですけど。友達と別れちゃったしもういいかなって。

なべおつ

いただきました飲み足りない発言! ほな私がその友達のバトンを引き継いでお姉さんの心の隙間をどハデに埋めて差し上げます!!

女の子

いやいや(笑)

なべおつ

たぶんその友達との飲みはカシオレ2杯くらいで終わっちゃって、いよいよこれからって時に解散しちゃったってことですよね!?

女の子

いや私カシオレとか飲まないから(笑)

なべおつ

出ましたワイン派! 確かに失礼しました、お姉さんにはワインこそお似合いです!

女の子

・・・いや、日本酒。。(笑)

なべおつ

えー! お姉さん日本酒飲めるんですか! とてつもない酒豪発言じゃないですか! 実は私も最近日本酒ちゃんと飲めるようになってきて、まさに今飲みたい気分だったんですよ! ほなせっかくなんで、日本酒の名店にぶらり足を運んでみますか!

女の子

どこですか? 日本酒の名店って。

なべおつ

最近話題になってるんでもしかしたらお姉さんも知ってるかも。「sakeba」って行ったことある?!

女の子

あー聞いたことある! けど行ったことない。あそこいいんですか?

なべおつ

いやもう日本酒好きにはたまりませんよ! せっかくなんでこれを気に「sakaba」デビューしちゃいますか! 美味しい日本酒ごちそうしますよお姉さん!

女の子

ほんとー?「sakaba」行ってみたかったし、ごちそうしてくれるなら行っちゃおうかな(笑)

なべおつ

お任せ下さいお姉さん! ところでお名前は麻里子さんということで宜しいですか?

女の子

違います(笑)よく言われるけど。

なべおつ

ほな取り急ぎ麻里子様というていで取り急ぎ「sakeba」に直行しましょう! ご案内いたしまーす!




MISSION COMPLETE!!

 なんとか成功しましたね! お酒が好きな女の子は、美味しいお酒の飲めるお店を提案してあげると興味を持ってくれることが多いです。

 それでは今回のポイントを確認しましょう。
 

① 勝手に「勘違い」して話を進める!

 ナンパして声をかけて、相手から積極的に口を開いてくれることはほとんどありません。なので「モデルであること」「カシオレ好きであること」など、先方のイメージに合うキーワードを選んで、勝手に話を進めてみましょう。

 ナンパ師から「モデルですか?」「カシオレ好きですか?」と聞かれても答える気がしませんが、モデルという前提でいきなり撮影の話をぶっこんでいくと、相手はたいていツッコミを入れてくれるので、そこから会話が始まり相手の情報を得ることができます。

②2お酒ネタを混ぜると飲みに誘いやすい!

 「飲みにいこうよ!」だけではなく、好きそうなお酒を勝手に想定して、そのお酒が美味しいお店に誘ってみましょう。

 「カシオレが好きだと思うんで、渋谷一カシオレが美味しいお店にご案内します!」と言えば、「カシオレじゃなくてビールが好き」など好きなお酒を聞き出すことができ、飲みに誘う流れが自然になります。
 

③ 名前は聞かない!

 ナンパの際に「名前はなんていうの?」とストレートに聞くことはオススメしません。初対面の男性に、会って数分で個人情報を晒したいと思う女性はいないので、警戒されてしまう可能性の方が高いからです。

 ナンパ成功のコツは「いかに相手の警戒を解くか」ですので、不必要な個人情報を探ることは百害あって一利なし。(本名など知らなくてもコミュニケーションはできます)

 「○○ちゃんと言うことで宜しいですか?」とテキトーな呼び名を提案しましょう。コミュニケーションを続けて信頼されるようになれば、いずれ教えてくれます。

 それでは、次回もお楽しみに!