女子大生キャバ嬢と出会って2回目で寝た話①【試し読み】




女子大生キャバ嬢と出会って2回目で寝た話①【試し読み】

最近、ふとしたきっかけでいつもの友達(Pくん)と2人でキャバクラに行こうという話になりまして。32歳にして、人生初キャバクラを経験してきました。

結論から言うと非常に楽しめまして、90分1セット(1万円+お酒代)だけのつもりだったのに、延長して閉店まで居座ることになってしまいました。120分くらいいて、会計は1人あたり2万円。

高っ!と思われるかもしれませんが、私としては全然アリでした。下調べゼロで適当なお店に入っただけだったんですが、ついてくれた女の子がみんな可愛くてスタイル良くてすごくいい子で、とっても幸せな空間だったんです。

しかも後日再訪問したところ、そのうちの1人から最終的にお家にお呼ばれしまして、カラダの関係にまで至ることができました。

さまざまな偶然が重なったビギナーズラックだったことは否めませんが、正直なところ、初回訪問時のコミュニケーションで、これはもう1回行けば何らかの成果が得られそう(少なくとも外で会える関係にはなれそう)だと思っていました。

というのも、その日は(いくつもの偶然も重なった結果)私の好感度が上がるチャンスがたくさんあったからです。自分で言うのもなんですが、これだけまともなお客さんであれば、先方も好意を持ってくれて、(手放すまいと)こちらの要望(外飲み)を受け入れてくれるのではないかと思ったんですね。

また、そもそもが新宿や銀座、六本木のような競争の激しいエリアのお店ではなかったので、女の子自身もNo.1を目指して鼻息荒く働いているタイプではなく、いい意味で「女子大生がちょっと割のいいアルバイトとして働いている」ような感じに見えました。

そのためやりようによっては、ぜんぜん恋愛対象やプライベートでの遊び友達として見てもらえる可能性もあるなと思ったわけです。

なぜイケメンでもお金持ちでもない私が、来店2回目にして美人かつ巨乳(Eカップ)の大学生キャバ嬢の自宅にお呼ばれし、スケベすることができたのでしようか。

必ずしも再現性のある方法ではありませんが、「キャバ嬢と寝るために必要なこと」として共通するポイントはあると思いますので、ご紹介します。

まずは、私がキャバ嬢の家にお呼ばれするに至った経緯を、できるだけ細かく具体的にお伝えします。その後、抽象化を図り、「キャバ嬢と寝るために必要なこと」をノウハウ化しようと思います。

目次

  • 1回目の訪問:相方の泥酔が、私の評価を上げる。
  • 1.泥酔した相方の面倒をちゃんと見る。
  • 2.「お客」の立場に甘えない。
  • 3-1.ささいな口約束をきちんと守る。
  • 3-2.口約束をする際のポイント
  • 4.キャバクラに通う目的・成果は?
  • 5.LINE交換をして退店
  • 6.退店後、しばらくするとLINEが…!
  • 7.キャバ嬢とのLINEで評価が上がるポイント
  • 7-1.こちらからガッツかない。

1回目の訪問:相方の泥酔が、私の評価を上げる。

その日はPくんと2人で飲んだ後、23時半頃にキャバくらいに行ってみようというノリになり、適当に歩いて見つけたお店に入りました。Pくんはその時点で結構酔っており、テンション高めでした。

私は初キャバクラだったので、金ヅルにされないように多少の警戒心をまといつつ、下心は一切出さずに女の子との会話を盛り上げることに専念しました。たとえば女の子と密着したり、ボディタッチしたりといったセクハラ行為を犯さないのはもちろん、近くなりすぎないように一定の距離をとりながら話していました。

また私は自分の話を聞いて欲しいとか、褒めてもらって気分をよくして欲しいといった欲求が皆無なので、普段の合コンやデートのときと同じ立ち回りで、 むしろキャバ嬢側にたくさん話して楽しでもらえるように気を配りました。

Pくんは真逆で、自分の話を聞いてほしいタイプなので、この時点でわれわれに対する印象は明確に二分化されたと思います。もちろんどちらが接客しやすいかはキャバ嬢によって変わってくるので、必ずしも自分の話をするタイプの人が悪いとは限りません。

しかしPくんの場合は、その後さらに酔っ払い、キャバ嬢の話を遮ってまで自分の話ばかりするようになっていきます(笑)しかも同じ話を何度も繰り返す上、ろれつが回っておらず何を言っているのかわからなくなってしまうシマツ(笑)

こうなると両者のイメージには大きく差がつき、Pくんタイプは「めんどくさいお客」と思われるリスクが高まります。実際、最初は笑っていたキャバ嬢たちも次第に困惑し、対応に困っているような感じになりました。

しかし私は親友なので、その様子をめんどくさがったり仲間はずれにしたりせず、適度にいじって笑いに変えつつ、きちんと軌道修正してキャバ嬢側に会話のボールを返し、うまく処理するように努めました。

これが一つ目の評価UPポイントです。

1.泥酔した相方の面倒をちゃんと見る。

酔っ払った友達をのけ者にしたり、バカにしたりせずに、うまくフォローしながらみんなで一緒に楽しむという姿勢を示すことで、友達思いの優しい人という印象を与えることができました。

これはPくんが泥酔していなければ伝わらなかったポイントなので、感謝しなければなりません。

1つ目からいきなり偶然の要素が強く、再現性が低いのですが、友達や会社の同僚など複数人で行く場合は、誰かしら酔っ払ってめんどくさい絡みをしたり、お店に迷惑をかけたりする人が出てくると思います。

そういうときに、キャバ嬢に代わってうまく対処してあげられると、印象がぐっとよくなります。まぁこれはキャバクラに関わらず、合コンや飲み会でもそうですね。

2.「お客」の立場に甘えない。

結局、Pくんは酔ってその場で寝てしまったので、最後についてくれた女の子(Eカップの美人大学生・Sちゃん)とわしの2人きりで話すことになりました。

しばらくするとPくんが目覚め、酔っ払いながらトイレに行きました。戻ってきたタイミングでわしがトイレ行くと、個室内が水浸しのおしっこまみれになっていました(笑)Pくんが酔ってまき散らしたことは明らかで、これをお店の人に掃除させるのは忍びない。。というか、迷惑客認定されて追い出されるもしくは出禁になる可能性さえある。

ということで、私がその場で掃除して、席に戻ってからそのことを(冗談ぽく)女の子に報告しました。(Pくんは寝てたので後日報告)

「ごめんPくんめっちゃトイレ汚してたわ(笑)ちゃんと拭いといたから安心して」

「えー!そんなの私たちがやるから放っておいていいのに💦ごめんね」

「いやいや、さすがにトイレ汚したの女の子に掃除させられないですよ(笑)」

相方の粗相とはいえ、私自身の責任ではないのに進んでトイレを掃除したことで、また評価が上がりました。

これも偶然の産物なので再現性は低いのですが、一緒にお店に行った男性が泥酔して粗相を犯した場合に進んで対処する、という姿勢は女性の評価を確実に上げてくれます。

もちろん恩着せがましくしたり、アピール目的でやってることがモロわかりだったりすると逆効果なので、冷静かつスマートに「いつもやってること」くらいのテンションで対応することが重要です。

ただし、高級店とか格式高いお店だと、お客さんに掃除をさせたことで女の子が怒られてしまう可能性もあるかもしれないので、フロア内でドリンクをこぼした際の処理などは、出しゃばらずにお店側に任せた方がよいと思います。この時はトイレという密室で、掃除している姿がお店や他のお客さんには見えなかったので自分でやりました。また、このことはSちゃん以外には伝えていません。

いずれにせよ、自分(たち)が粗相を起こしたときに、「お金払ってるんだからお店側に任せて当たり前」という態度ではなく、自分たちで処理するという姿勢を持っていた方が印象はよくなるはずです。

3-1.ささいな口約束をきちんと守る。

さて、3つ目のこれが最も重要なポイントです。Pくんが潰れ、Sちゃんと2人きりで話しているときに「わたし来月誕生日だからよかったらきてね^^」というお誘いを受けました。

続きはnoteで!