渋谷センター街のHUBでナンパして連絡先を交換するトーク術【試し読み】

渋谷センター街のHUBでナンパして連絡先を交換するトーク術【試し読み】

「HUB」で連絡先を聞き出す方法とは?

 最近、個人的に気に入っている渋谷センター街の「HUB」。先週、先々週と2週つづけて行ってきて、意中の子たちとがっつり連絡先を交換することができましたので、その際のトーク術について紹介します。

 渋谷HUBの何がオススメなのか知りたい方はこちらのnoteをどうぞ。

>渋谷センター街の「HUB」がナンパスポットとして最高すぎる4つの理由。【試し読み】

 連絡先を教えてもらうための流れとしては、下記の通りです。

 1、声をかける
 ↓
 2、お酒をおごる
 ↓
 3、雑談する
 ↓
 4、連絡先を聞く

 2については、相手のお酒が残っていれば不要ですが、声をかけたタイミングで空っぽであればおごってあげましょう。どうせ一杯500円〜700円程度です。

 「こいつ、声かけてきといて私のグラスが空いてるの気づいてないのか? 視野狭っ! もしくは気づいてるのにスルーしてるのか? ケチくさっ!」のように内心で思われてしまう方がやりづらくなります。

 センター街のHUBの場合、声をかけてお酒を飲みながら雑談をして、それなりに盛り上がれば連絡先はまず教えてもらえます。

 ただし、その日のうちに別のお店に連れ出すのはなかなかハードルが高い印象。というのも、HUBの男女比は6:4〜7:3くらいで男性の方が多く、人口密度も高いため、自分が声をかけた女性と話していても、隙あらばどんどん他の男が割り込んでくるからです。

 女性はモテモテとなり、その状況をまんざらでもなく楽しんでいる節もあるので、一組を選んで外に出るというよりは、その空間に残って楽しもうとする人の方が多いのです。

 なので意中の女性から連絡先を教えてもらえたら、無理に粘らず後日飲みに誘った方がコスパはよくなります(気を引こうとおごり続けても、最終的に無駄な出費になる可能性の方が大)。

 ということで、具体的にどのようにアプローチをして連絡先を交換すればよいのか紹介します。

1、声をかける

なべおつ

こんばんはー。お一人ですか?

女の子

あ、いえ、友達と来てるんですけど…。

なべおつ

あ、なるほど! 友だちがどこかのイケメンに連れ去られちゃって、お姉さん一人でどうしようと思っていたところですね!? はいはい!!

女の子

いや、イケメンではないです(笑)

なべおつ

え、そこツッコミます!?(笑)

女の子

だってイケメンじゃなかったもん(笑)

なべおつ

お姉さんいきなりの毒舌ぶり発揮するの勘弁してください! まぁそんなイケメン好きのお姉さんからすると、私みたいなもんと話してもピクリとも心動かないと思いますけど、せっかくなんで友達帰ってくるまで一緒に飲みません?

女の子

あ、はい。

なべおつ

かるっ!(笑)全然ノリ気じゃないじゃないですか!!

女の子

いや、そんなことないです(笑)

2、下準備(お酒をおごる)

なべおつ

じゃあま、せっかくなんで新しいお酒買いにいきましょっか! 私ごちそうするんで!

女の子

ほんとですか?

なべおつ

もちろんです! なに飲みたい?

女の子

えーっと、じゃあ「ヨーグルトマンゴスムージー」がいいです。

なべおつ

なにそのかわいいやつ! あんまりお酒好きじゃないのかな?

女の子

はい、あまり好きじゃないです。

なべおつ

好きじゃないのによくHUBきたな!

女の子

友だちが行こうって言ったから(笑)

なべおつ

それなのに友だち、お姉さんのこと放置してどっかいっちゃったの?

女の子

そうなんです(笑)

なべおつ

なんちゅうアクティブな子なんだ(笑)じゃあま、取り急ぎ乾杯だけ失礼しまーす!

女の子

あ、ありがとうございます。カンパーイ!

3、雑談(呼び名を決める)

続きはnoteで!

このブログが書籍化されました!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1