女性のハートをつかむサプライズ戦略!【試し読み】

女性のハートをつかむサプライズ戦略!【試し読み】

サプライズを仕込むなら徹底的せよ!

 私は「サプライズ」を仕込むことにかなりのこだわりというか、ストイックさを持っています。

 例えば友達の誕生日にサプライズを仕掛ける場合、ちゃんと「サプライズ」になるよう、絶対に気づかれないように入念な仕込みをします。

 相手に「気づいてないフリ」をさせることなどあってはならず、サプライズをすること自体が逆効果になりえます。

 ということで、今回は女性のハートを掴むためのサプライズ戦略についてご紹介します。

 ここではわかりやすく「誕生日サプライズ」を想定して説明しますが、記念日やお祝いごとのサプライズであれば、すべて同様の考え方で横展開できます。

サプライズをするメリットとは?

 わざわざ言うまでもないことですが、3つほどあります。

1. 相手の記憶に残りやすくなる。

 「驚き」という感情がプラスされる分、相手の記憶に残りやすくなります。「あの誕生日会が一番印象に残った、一番うれしかった」と思ってもらえる方が、お祝いする側の冥利に尽きるというものでしょう。

2. 相手への好意を示せる。

 「完璧なサプライズ」を実現するには、なかなかの手間と気苦労が必要です。お店のチョイス、メンバーのチョイス、プレゼントのチョイス、そしてそれらがバレないような仕込み等々、あらゆる要素に気を遣わなければなりません。

 だからこそ、サプライズを仕込むことは「あなたをビックリさせるために手間ひまかけて準備しました」ということを、言葉にしなくても伝えることができます。

3. 相手にも好感も持ってもらいやすくなる。

 その仕込みが入念であるほど、「私のためにここまでしてくれたの…!?」というシンプルな驚きと喜びを与えられるため、好感をもってもらいやすくなります。「ただの友達」から「気になる異性」に格上げされる可能性もあります。

 では、どうすれば「完璧なサプライズ」が仕込めるのでしょうか。

本当の意味での「サプライズ」を仕込む方法!

 サプライズとは文字通り「驚き」を与えることです。相手に驚きを与える方法は大きく2つあります。

1. まったく予想していなかったことが起こる。
2. 予想してたけどそれを上回ることが起こる。

 1はわかりやすいですね。例えば出会って間もない間柄の人や、長いこと会っていなかった人とたまたま会うことになったとき、誕生日が近かったので、何も伝えずにケーキやプレゼントを用意しておくというパターンです。相手も祝われることを予想していない可能性が高いので、すんなりとサプライズになります。

 合コンでサプライズを仕込むパターンもこれに該当します。合コンで出会う初対面の異性にサプライズを仕込めば、「まったく予想していなかった」驚きを確実に与えられます。これをやることのメリットは後述します。

 問題は2のパターンです。付き合いの長い友達やカップルなど、毎年誕生日を祝っているような間柄だと、相手側も誕生日付近は「祝ってもらえること」を意識しているので、何か誘いがあった時点で「たぶん誕生日のお祝いしてくれるんだろうな」と予想してしまいます。

 ここで「誕生日のお祝いのために誘った」ことを下手に隠してサプライズを仕込もうとすると、相手は不自然な言動や展開をいちいち勘ぐってしまうので、最終的にサプライズが実施されても「反応に困る」という結果になってしまいがちです。

 そのため、2の場合は下手に隠さず堂々と「誕生日のお祝いするよ!」と誘った上で、「相手の予想を上回る」サプライズを仕込むのが得策となります。

 「祝われる側が文句言うな!」「祝ってもらえるだけありがたいと思って素直に喜べ!」と思う人もいるでしょうが、実際のところ、バレバレのサプライズを仕込まれることほど気を遣うこともないので、当人からしてみれば「無理してサプライズっぽくしなくてもいいよ(どうせやるならちゃんとやってくれ)」と思ってしまうこともあるはずです。

 それでは1、2それぞれのパターンについて具体的に説明していきます。

1.「予想してなかった」サプライズの仕込み方!

 私はナンパをした女の子とは、基本的に後日2人きりでデート(飲み)に行くか合コンを開くのですが、その際はできるだけサプライズを仕込むようにします。なぜなら、上述の通り「出会って間もない相手」の方がサプライズを仕込みやすいし、意外性もあるので素直に喜んでもらいやすく、距離感を一気に縮めることができるからです。

 また合コンで一次会の終わりにサプライズを仕込むと、確実に最後にひと盛り上がり入れることができるので、それまでちょっと盛り上がりに欠けていたとしても、そのまま「二次会いこう!」という流れにもって行きやすくなります。

 私が幹事をする合コンでは、ほぼ確実に自分でお店の手配をするのですが、1軒目はお金に気を遣わずに飲みたいので、たいてい「飲み放題コース」のプランにします。その際、雰囲気の良いお店ではコースに無料で「誕生日プレート」を付けられるオプションがある場合が多いので、これを利用するために女性幹事に「誕生日が近い人がいるかどうか」を確認します。

 もちろん女性幹事の誕生日が近い場合もあるので、念のためFacebookで確認しておきます。女性幹事が近い場合は、女性幹事にサプライズを仕込みます。(まだFacebookで友達になっていなくても、連絡先を交換しているのなら名前くらいは知っているはずなので検索してみましょう)

 女性幹事の誕生日をこっそりと知ることができない、もしくは確認したところ別に近くないことが分かった場合は、以下のようにして他の女性陣に誕生日が近い人がいるかどうか確認します。

 「ちなみに女性陣に誕生日近い人っている!? 予約しようと思ってるお店、無料で誕生日ケーキ付けられるみたいだから、いるようならサプライズ仕込めないかと思ってるんだけどどうかな?」

 あくまで「せっかく(無料で)お祝いできるから、もしいるんだったらお祝いしちゃわない? そっちの方が盛り上がるし、女の子側も誕生日会をまとめてできるから都合いいでしょ?」のようなスタンスで軽く聞いてみることが大切です。

 これによって女性幹事からも「意外と気遣いができるやつだな」「合コン盛り上げるためにいろいろ考えてくれるんだな」と思ってもらえます。

 ちなみに、誕生日プレートには名前を入れるので、女性陣の少なくとも1人の名前を知ることができます。その名前でFacebookから幹事の友達を検索すれば、先方のメンバーを予想できる可能性もあります。

必ず女性幹事を味方につけてサプライズする

 ポイントは、「幹事以外を祝う場合は、必ず女性幹事を味方につけること」です。女性陣全員を驚かせようとして、女性幹事にも秘密にして仕込んでしまうと、せっかくの好意もキモがられてしまう可能性があります。

続きはnoteで!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1