vol.24 渋谷で終電後に歩いて帰ろうとする天然美女をナンパしてみる。

vol.24 渋谷で終電後に歩いて帰ろうとする天然美女をナンパしてみる。

夜道を女性一人で歩かせるのは危険!

 渋谷でナンパしていると、家が近いからという理由で、終電後に歩いて帰ろうとする女性に割とよく会います。

 ナンパしてる側の人間が言うのもなんですが、女性が一人で夜道を歩くのって極めて危険じゃないですか。

 もしかしたら他のアブナい男に声をかけられて酷い思いをするかもしれないし、取り返しのつかない事件に発展してしまうかもしれません。

 であれば、相手に一切危害を加えるつもりがない自分が声をかけた方が、ずっと安全なはずです。

 相手の女性にとってメリットにしかならない提案をすることで、「夜道を一人で帰るくらいだったら、このお兄さんと飲みに行ってもいいかな」と思ってもらえるようにしましょう。

 今回は、「女性を危険から守る」という大義名分で飲みに誘ってみます。

本日のお相手


◆おっとり天然系
◆20代前半の学生
◆人当たりよさげ

シチュエーション

 深夜の渋谷センター街、一人で歩いて駅の方へ向かっていた女子大生をナンパしてみましょう。

実践

なべおつ

こんばんわー!

女の子

わぁ! びっくりしたー!!…何ですか?

なべおつ

えー!! そんなびっくりさせるテンションで話しかけてないのに! お姉さんもしかして今帰ろうとしてました!?

女の子

はい帰ります!

なべおつ

えー! もうとっくに終電終わってますけど! まさか歩いて帰るんですか?

女の子

はい、恵比寿の方なんで歩いて帰りますー。

なべおつ

ちょ、恵比寿!? お姉さんそんな天然キャラ勘弁して下さい! こんな時間にこんな美女が一人で歩いてたら命奪われてもおかしくありませんよ! それは見逃せません! さすがの私もそれは見逃せません!

女の子

大丈夫ですよ何度も歩いて帰ってるんで(笑)

なべおつ

えー! 過去に何も起きなかったから今日も起こらないと信じ込んじゃうタイプですか!? お姉さん『ストロベリーナイト』
ってドラマ知ってます!?

女の子

はい、知ってますけど(笑)

なべおつ

私こないだハマって一気に見ちゃったんですけど、あれ見てからホンマ女性一人で夜道を歩かせるの恐くなっちゃったんですよ! これでお姉さんの身に何か起きて明日のニュースになろうものなら私死んでも死に切れないんで、ここは至急、安全策の方にプラン変更しときましょう!

女の子

そんな、大丈夫ですよー(笑)ちなみに安全策ってなんですか?

なべおつ

ここはお姉さんをお守りするために始発まで私のおごりで一緒に飲みましょうプランでしょうね! 確かに渋谷で一人で時間潰すのは退屈だと思うんで、私が全力でお姉さんのお話相手をさせていただきます!

女の子

ほんとですか?(笑)

なべおつ

しかも、もしつまらなかったらお家までのタクシー代を私が出して差し上げるというおまけ付き! なんて太っ腹サラリーマンなんでしょう!

女の子

えーどんだけ優しいんですかお兄さん(笑)

なべおつ

そらこんな美女に恵比寿まで歩いて帰るなんて言われたら危なさすぎて気が気じゃないですから! そこは日本男子を代表して私がタクシー代くらいペロンと出しちゃいますよ!

女の子

え、じゃあ今下さいよ!(笑)

なべおつ

ちょっ! そこつついて来るタイプ!? どうせタクシーで帰るならちょっとくらいおじさんと飲みつき合ってくれてもいいんでない!? そいでもしつまらなかったら早急に離脱するということで!

女の子

そうですね! わかりました!

なべおつ

軽っ!!! 途中で離脱するき満々じゃないですか!(笑)まーいいや! ほな取り急ぎ私のオススメのお店へご案内しましょう!

MISSION COMPLETE!!

 やりました見事に成功です! 終電後の渋谷はクラブ目的の女性が多いですが、たまに歩いて帰ろうとしている子に遭遇します。そんな時は「女性を守る」ために全力で飲みにお誘いしてみましょう。

 大げさに誘うことで「冗談なのか本気なのか分からないけど、面白くていい人」という評価になり、OKしてくれる可能性が高まります。

 それでは今回のポイントを確認します。

① 具体的なエピソードをつける!

 ふつうに「一人で帰らせるのはアブナいんで!」と伝えるだけでも問題ないんですが、なんでそこまで心配しているのかを具体的に説明できると尚良いです。

 今回登場した『ストロベリーナイト』
の件はホントのことで、私このドラマを見てから女性を一人で夜道歩かせるのが怖くなってしまいました。友達を送って行くときも、ちゃんと改札まで付き添うようになったんですね。

 こうしたエピソードを(作り話だと思われてもいいので)力説すると、「女性を守る」という大義名分に一層大げさ感が増して、変な説得力を持つようになります。

② 怒濤のサービス精神「ギブ&ギブ」!

 ノリ気ではない相手に「ギブ&ギブ」しても利用されるだけで終わりますが、「これは行けそうだ」という相手に使うのは非常に効果的です。

 そのカードを出さなくても落とし込めそうな状態で、さらにダメ押しでお得なカードを出すと、先方は断るという選択肢を考えなくなります。

 今回の件でいえば、「とりあえず飲みに行ってみて、つまらなかったら途中で帰ってもOK。もちろん飲み代は出すし、途中で帰りたくなったらタクシー代も出す」という、相手からすればほとんどデメリットが見当たらない提案をしています。

 そうすると「夜道を一人で帰るくらいだったら、このお兄さんと飲みに行ってもいいかな」と思ってもらえるようになります。また「夜道を一人で歩かせたくない」という気持ちがホンモノであることも伝えられ、信頼度も高まります。

 もちろん、飲みに行けば盛り上げる自信があるからこそ出せるカードですが、もし本当に帰りたいと言われても、恵比寿までなら大した出費にはならないと判断しての「ギブ&ギブ」でもあります。

 これが立川とか大宮とか言われたらリスクが大きすぎるので、このカードを出すべきではありません。もし出すとしても、ちゃんと冗談だと分かるように伝えましょう。

 それでは、次回もお楽しみに!

このブログが書籍化されました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。
Category :
2009 views