結婚を前提としない付き合いに意味はあるのか?

結婚を前提としない付き合いに意味はあるのか?

※この記事は2017.5.31にnoteで公開したものです

なぜ付き合う必要があるの?

 私は特殊な恋愛観を持っていると周りからよく言われるし、自分でもその自覚があります。

 恐らくこれは、ナンパによって自分の力で自由に出会いを生み出せるようになったことが少なからず、いや大いに影響していると思うのですが、「付き合う」ということに意味を感じなくなってしまったのです。

 根本的な疑問として、「付き合わなければ得られないメリットって何?」という思いがあるんですね。むしろデメリットの方が多いのではないかとさえ感じています。

 当然、付き合う相手の価値観や性格によるのですが、ざっくり次のようなデメリットを感じてしまいます。

  1. 交友関係(特に異性との)が狭まる。もしくは狭めざるを得なくなる。
  2. 円満な関係を続けようとして、自分の時間が削られる。あるいは削らざるを得なくなる。
  3. 別れた場合、「元カノ(元カレ)(=多くの場合気まずい関係)」が増え、「もっとも大切な人」だったはずなのに、「できるだけその後の人生に関わるべきではない人」「不用意に会ったり優しくしたりしてはいけない人」になってしまう。

①異性との交友関係が狭まる

 簡単にいうとナンパは当然できなくなりますし、相手の価値観によっては、他の女友達と遊ぶことさえ嫌がるかもしれません。

 そうすると必然的に関わりあう人間の数が減って、世界が狭まってしまいます。

 私は大学卒業後、社会人になってから本格的にナンパを始め、合コンやイベントも幾度となく開催してきたため、異性との交友関係はそれなりに広いです。

 中には肉体関係を持った人もいますが、それはそれとして決して恋人同士になるわけではなく、かといって気まずい関係になるわけでもなく、ほとんどの場合、仲のいい関係を継続しているんですよね。

 相手に何を求めるわけでもなく、相手から何を求められるわけでもない。ただお互い気の向いたときに会って、ご飯を食べてお酒を飲んで、他愛のない話をして盛り上がって、お互いの友達を紹介し合ったりして、さらに交友関係を広げていくような、私にとって理想的な人間関係を築けてきたわけです。

 しかし誰か特定の人と付き合うことになると、こうした人間関係をそのまま継続するのが困難になります。少なくとも私は、付き合った相手をできるだけ傷つけたり不安させたりしたくないので、どうしても異性との交流は抑えるようになってしまいます。

 彼女がいるのに、肉体関係アリの異性と会うことが認められるとはさすがに思えませんし…。

②自分の時間が削られる。

 これは人によるのですが、「付き合ってるんだから毎日連絡取り合うのは当然でしょ?」とか「最低でも月に◯回会うのは当然でしょ?」と、よくわからない「当然」を押し付けてくる人が結構多いんですよね。

 この「付き合ってるんだから」という縛りのせいで、用もないのにLINEや電話をしなければならなかったり、他にやりたいことがあっても一緒にいる時間を優先しなければならなかったり…。

 私が付き合って別れた原因はこれが一番多いです。「毎日連絡して」と口に出して言われなくても、「毎日連絡とらなくても平気ってことは、大して好きじゃないってことでしょ?」のように勝手に拡大解釈して結論づけられることが、とにかく多かったんです。

 あるいは「こんな関係なら付き合ってても意味ないよね」と振られたり。「え、付き合うって、お互い頻繁に連絡とったり会ったりしなくても、気持ちがつながってるって信じ合える関係じゃないの?」って何度思ったことか。

③別れた場合「元カノ」が増える

 これは私が「付き合いたくない」と考える最も大きな理由です。

 私が最後に付き合ったのは社会人1年目の夏頃で、その子とはわずか3ヶ月で別れることになり、その後「もう結婚する相手と以外、付き合うのはやめよう」と心に決めました。

 これ以上「元カノ」を増やしたくなかったからです。

 だって、付き合っているときは「世の中で一番大切な相手」のはずなのに、別れた途端、世の中で一番会いづらい(会うべきではない)、不用意に優しくしてはいけない相手になってしまうんですよ?

 であれば、付き合うなんて言葉上の契りなんて結ばない方が、ずっと良好で永続的な関係を築けるじゃないかと思ってしまいます。

 私はあまり引きづらないタイプなので、元カノであろうと気まずい関係になることはあまりありません。それでも、フッた相手に不用意に優しくするべきではないとか、復縁する気がないのに連絡を取るべきではないとか、相手に新しい彼氏ができたら「元カレ」の自分は会うべきではないとか…。

 とにかく「元カレ」になってしまったら、それだけで相手のその後の人生にできるだけ関わっちゃいけないような気になるんですよ。

 実際、結婚する人以外は付き合っても別れるわけで、せっかくの「大切な人」がどんどん「関わってはいけない相手」に切り替わっていくなんて、どんだけ無意味なことをやってるんだと感じてしまうわけです。

 こうしたデメリットがある中で、結婚を前提とせずに付き合うのって何の意味があるんだろう、と心から疑問に思います。
「恋人」という言葉を使わないと男女は親密になれないのか?

 「付き合う」とか「恋人」という言葉を使わないと、男女って親密な関係になれないのかでしょうか。男女が親密(肉体関係含む)になるには、この言葉を使わないとダメなのでしょうか。

 …と真剣に考えてしまうわけですが、私は「なれる」と考えているから「付き合わない」という選択をするわけです。

 しかし私がこのような疑問を投げかけたとき、ほとんどの女性は(ドン引きしなながら)次のいずれかの返答をします。

  1. 「結婚するかどうかなんて、付き合ってみないとわからないんだから、まずは“恋人”から始めるのが普通でしょ?」
  2. 「まぁ結婚相手としてはなかったとしても、 “恋人” は欲しいからとりあえず付き合ってもいいじゃん」
  3. 「好きな人には他の異性に向いて欲しくないから(独り占めしたいから)自分の恋人にしたいんでしょ?」

 私はこのいずれについても全く共感ができないので、「付き合う」という選択肢をとらなくなりました。

 まず①についてですが、結婚相手としてアリかナシかなんて、付き合わなくてもだいたい判断できませんか。ルックス、性格、年齢、仕事などの要素から、少なくとも「ナシ」の判断はできるでしょう。

 にもかかわらず付き合いたがるのは、②の「恋人」(という存在)が欲しいからというパターンが多いんだと思いますが、②についてはもっと意味不明です。

 ただ「恋人」という存在が欲しいという理由で付き合って、別れて、世の中に「元カレ・元カノ」というレッテルが貼られた関係の人間を増やすことなど、(上記の通り)デメリット以外ないと思うのですが、私がねじ曲がっているんでしょうか。そうですか。

 もっと言うと、結婚は「タイミング」と「覚悟」で問題であって、相手の「結婚相手としての魅力」は関係ないという持論があるので、「付き合ってみないと結婚したいと思うかどうかわからない」というのは、最初から共感できない話でもあります。

 (私の場合、現時点で結婚を現実的に考えることはできないし、覚悟もないので、どんな魅力的な女性が現れても「結婚相手」として考えることはなく、そのため「恋人」になりたいとも思わない、ということです)

 ③については唯一ちょっとだけ共感できます。いいなと思った女性が他の男と付き合ったり、関係を持ったりしてしまうのは気分の良いものではないですからね。他の男を見て欲しくない、独り占めしたいという気持ちになるのはわかります。

 でも、そもそも付き合ったからといって相手を「自分のモノ」にできるなんて考え自体がおこがましいし、現実問題不可能だし、「付き合う」っていう「言葉上の契り」だけで相手にそこまで求めるのってどうかしてると思うわけです。

 もちろん付き合うことで深まる関係もあるんでしょうけど、それって「付き合う」っていう言葉を使わないと得られないものなんでしょうか。

 もちろん、こんなことを言っても理解してくれる女性はまずいないので自分から話すことはありません。相手から告白された場合にのみ、自分の考えを話すくらいです。

にもかかわらず、彼女ができました。

 とまぁつらつらとネガティブでめんどくさいことばかり書いてきましたが、実は最近、世間一般的には「彼女」と呼んで差し支えない関係の女の子ができまして…。

 週に一度は会って、毎回我が家に泊まり、一緒に寝ます。

 その子は一般的な恋愛観の持ち主なので、恐らく「付き合う」ことの必要性を感じているし、「彼氏彼女」という言葉に意味を感じています。

 だからこそ、私は「好き」という言葉を使うことにものすごく躊躇しました。というのも、肉体関係を結んだ上に「好き」という言葉を発してしまえば、「じゃあ付き合おう」という流れにならないと(相手の価値観としては)納得いかないはずだからです。

 普通であれば、1ヶ月(週1回として計4回)も会えば、その曖昧な関係に女性側が嫌気がさし、「(付き合ってくれないなら)もう会わない」という最後通告を受けてしまうのですが、今回の子は違ったんですね。

 「この関係なんなの?」とか「都合のいい女としか見てないでしょ?」といったことは一切口にせず、ただ毎週会って仲良く遊んで、一晩共に過ごすという関係が続いたのです。

 だから私も、当初はその子が私に恋愛感情を持っているとは思っていませんでした。

 ただ、「私は(恥ずかしくて)自分からは絶対好きって言えないんだよね…」という話を何回かされたので、3回目くらいで「あ、これ俺のこと好きって言ってくれてるのか…」と気づき、そこで初めてお互いの関係について真剣に考えるようになりました。

 ただ、私の「付き合うこと」に関する考え方は変わらないので、相手の気持ちがわかった段階で上記のようなことを簡単に話しました。相手の気持ちを知りながら、曖昧なまま肉体関係だけ続けるというのは良心が許さなかったので。

 もちろん、彼女はまったく理解してくれませんでした(笑)

 でもその話をした後も、毎週会うことは変わらなかったんですね。そうしていくうちに「この子を傷つけたくない、悲しませたくない」という良心が強くなっていきまして、正式に「付き合おう」という契りは交わしていないものの、「好き」という気持ちは伝え、他の女性と遊ぶことは控えるようになりました。

 その子のことは大好きだし、大切な人です。でも、だからこそ「付き合う」ことで別れがきて、「一番大切な人」から「一番優しくしてはいけない人」になってしまうのがイヤなのです。

 だから「付き合う」とか「彼女」という言葉を使いたくない。

 「今もこれからも、ずっと大切な人」ーーこれ以外の言葉で言い表せないんですよね。。これから私、どうすればいいんでしょう。

 この気持ち、誰かわかってくれる人いませんか。。

noteで100本以上の有料コラム配信中!

今すぐチェックする!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!



ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1