ナンパ

こないだ渋谷でナンパしたら、偶然LIGライターのユリナーシュカさんだった話。

3513 Views

\ LINEでナンパ・恋愛相談受付中! /
友だち追加

オードリー若林&ほっしゃんのナンパ物語

 先日、大学時代からの友人(男1女1)と「渋谷で昼間から飲むの会」をやったのですが、22時頃には女の子が酔い潰れてご就寝モードに入ってしまったので、駅まで送ってから男2人で終電までナンパしよっかってお話になりました。

 彼とはこれまで一緒にナンパしたことはなかったのですが、たまに立川の方で会社の先輩と一緒にやることがあるらしく、なにやら自信ありげでした。

 ちなみに顔は「ほっしゃん。」似。わしはオードリーの若林似なので、ルックスで見たら完全に強みのないツーショットです。

 話を聞く限り、相方のナンパは、その時の相手の言動に合わせたネタでフットワーク軽く切り込んでいく「瞬発力型」の模様。

 ちなみに私は、全て「こんばんはー」から入る「紋切り型」で、その後の相手の反応を見ながら話をつなげていくタイプです。

 つまり声かけはほっしゃん。から入り、その後のトーク展開を若林が担うのが、戦略的にはよさそうです。

 まずはとりあえず市場調査ということで、センター街あたりを練り歩きながら「ノリのよさそうな子はおらんかな〜」と一周りしてみたんですが、週末の渋谷ということで人通りも多く、ちょっと声をかけづらい混み具合だったので、取り急ぎ私オススメの「TSUTAYA〜モディ(元マルイシティ)間の直線コース」へ行ってみることにしました。

 なぜここがオススメかというと、22時以降は比較的人通りが少ない割に、キレイな女性が歩いている確率が高く、声をかけてからしばらくまっすぐな道が続くので会話を継続させやすい、というメリットがあるからです。

 センター街の奥地からTSUTAYA方面へと踵を返し、人混みをかきわけながら件の直線コースに入ったところ、三井住友銀行手前の交差点で足止めをくらいました。

 ほんの4〜5メートルほどの短い横断歩道なのに、日本人らしく律儀に信号待ちしている群れをかき分けて群の先頭に躍り出ると、反対側には一際目を引くキレイな女性が一人。

 最近、右目の乱視がひどくて視界が乱れっぱなしの私ですが、顔ははっきりと確認できずともそこはかとなく漂う美人オーラにアンテナが反応。

 これは行くべきや。

 がしかし、駅方面に向かってる子だし、ちょっと雰囲気トゲありそうだし、イケメンにしか興味なさそうだし、何より先方は一人だし、まぁ難しいだろうな、なんて、声掛ける前から言い訳がましい分析をしていたんですね。

 そしたら信号が青に変わる直前、目の前の女性が颯爽と信号無視を始めたわけです。

 私は「えーこのタイミングで渡るんなら最初から待たずに渡ればよかったのに!逆になんでギリギリまで待ったん(笑)」なんてどうでもいいことに思考を巡らせていたのですが、相方はその絶好のタイミングを見逃さず、すかさず「ちょ、お姉さんいま信号無視しましたよね!?(笑)そんな急いでどこいくんですか!」と切り込みました。

 私は「おぉーすげぇいいタイミングでいった…!」と感心していながら後をつけ、相方はどんなトークを展開するんや、とにわかに観察しながら自分が入っていくタイミングを探りました。

 よく聞こえなかったけど、たぶん

相方:「(そんな急いでどこ行くんですか!)帰る前にビール飲み行きましょうよ!」

女性:「あ、これから会社に戻って仕事なんです」

相方:「え、これから仕事!?」

 くらいのタイミングで入ったと思います。切り込みのセリフはあまり覚えていませんが、たぶん

わし:「えー!これから仕事なんですか!はいはいわかりました!ほな仕事前にとりあえずビールで乾杯だけしときましょっか!僕達ごちそうしますんで!」

 みたいな感じで入っていったと思います。このとき既にTSUTAYA前まで戻ってきており、お店正面あたりで立ち話しながら交渉する流れに。

女性:「え、いや…(笑)」

わし:「ってか土曜なのにこれから仕事なんですか!?」

女性:「あ、はいライターなので…」

わし:「え、ライター!?…」

ここで私、ようやく「この美女、どこかで見たことあるぞ…?」と気づきます。

わし:「え、もしかしてユリナーシュカさん…!? LIGのライターの!?」

女性:「あ…はい」

わし:「えーまじっすか!! いやーどおりで見たことあると思った!」

相方:「え、なに、有名な人?(笑)」

 かなり早い段階でSNSに見切りをつけ、TwitterもFacebookもやらない生き方を選んだ彼が、ユリナーシュカさんのことなど知る由もなく、わしのテンションの上がりっぷりにどうにも状況が把握できず困惑している模様。

わし:「LIGっていう有名なWebメディアの人気のライターさんやで! ってことは、仕事ってこれから上野に戻るんですか!?」

ユリ:「あ…はい(笑)」

わし:「いやーこれはお仕事の邪魔できませんわ相方。下手なことすると『うざい二人組に声かけられましたー』って取り急ぎTwitterに書かれてまうで…!」

相方:「えー書かれちゃうの〜!? 書かないで書かないでぇ〜!!」

よくわかってないのに、とりあえずノリだけは一級品の相方。

わし:「ま今日はこの後お仕事ということなので諦めますけど、次回あるかもしれないので念のため連絡先だけ交換しておきましょっか!」

ユリ:「あ…まぁ、LINEくらいなら…(笑)」

わし:「えーいいんですか! ほな相方、取り急ぎLINE交換して!」

相方:「あ、俺!?(笑)」

わし:「わしも交換したいけど、わしケータイ電池切れてもーてん!」

相方:「おけ、じゃあ”ふるふる”しちゃいましょっか!」

スマホを大げさに”ふるふる”しながら、得意気に”ふるふる”をうながす相方

わし:「いやもう”ふるふる”とかやってる人いないから(笑)QRで交換しなよ」

ユリ:「うん、ふるふる使わないですね…(笑)」

相方:「え、いまどきの人、”ふるふる”しないの…?」

わし:「しません。ほなユリナーシュカさんにQR出してもらって、相方読み取って!」

相方:「おけ!……..ん、なにこれ読み取れない……」

わし:「ちょ、なんでQRの読み取りできないの…貸して!…ん、なんだこれアンドロイドよーわからん…。よしほなもう相方がQR出して、ユリナーシュカさんに読み取ってもらおう! すみませんユリナーシュカさん、いいですか…?」

ユリ:「あ、はい(笑)じゃあ私が読み取りますね。」

わし:「ありがとうございますー! …よし、おけ、これで交換できた! すみませんお仕事に戻らなきゃなのに足止めさせちゃって! ありがとうございました!お仕事がんばってください!^^」

ユリ:「はい、ありがとうございますー」

ナンパ終了後、大事なことに気づく。

わし:「いやーあんなぐだぐだになっちゃったのに、ちゃんと連絡先交換してくれるなんてめっちゃいい人やったなー。まぁ正体バレてるのに無碍な対応はできないか(笑)有名人は大変やな。」

相方:「そんなに有名な人なん?」

わし:「うんWeb界隈の人は結構みんな知ってるんじゃないかな。まぁTwitterやってなきゃ知らないだろうけど…でも実物は写真より俄然かわいくて色っぽかったなー」

 なんて調子づきながら、我々は初回から連絡先を交換できたことに確かな手応えを感じつつ、次の女の子を探しにまた夜のセンター街へと歩みを進めていきました。

 この時のわしは、それが決して「交換」ではなく「一方的に教えただけ」だったことに、まだ気づいていませんでした(笑)

 当然、ユリさんから相方へLINEが送られてくるはずもなく、我々のナンパはそれなりの手応えを感じつつも何の収穫もないまま終わったわけでありました。

おまけ–Twitterを確認してみると…?

よかったディスられてなかった…!

ABOUT ME
なべおつ
なべおつ
当ブログが書籍化し、11,000部を突破。『口ベタ営業マンが渋谷ギャルをナンパし続け半年後に1億の契約をとった件』(ワニブックス)。 noteで有料コラムを更新中! https://note.mu/nabeotsu