「テラスハウス」の菅谷哲也(てっちゃん)が女性にモテる方法を考えてみた!

「テラスハウス」の菅谷哲也(てっちゃん)が女性にモテる方法を考えてみた!

(この記事は2013年6月30日に公開した記事のリライトです)

テラスハウスは恋愛を学ぶのに最適な教材!

 シェアハウスで暮らす男女6人の共同生活を描くリアリティバラエティ番組というコンセプトがウケ、かつて若者の間で大ブームとなった「テラスハウス」。

 現在はNetflix版に移行し、新シリーズの「AROHA STATE」編がスタートしています。

参考:恋愛ベタな人はNetflix版「テラスハウス」で勉強せよ!

 地上波でスタートした初期放送では、AKB48の北原里英さんが参加するということでも話題になりました。

 同じく初期メンバーであり、その純真無垢な人柄が視聴者の心を掴み、地上波シリーズを通して主人公的立ち位置として出演し続けたのが、「てっちゃん」こと菅谷哲也さんです。

 てっちゃんのピュアさはこちらの動画を見ていただくだけで伝わると思いますが、視聴者からの人気とは裏腹に、いかんせん同居人の女性からモテず、ひたすら片思いばかりが続いていました。

 今回は(余計なお世話ですが)てっちゃんがモテない理由を考察して、どうすればモテるようになるのか、私なりの解決策をお伝えしたいと思います。

 番組を見ていない方にとっては何のこっちゃ分からないと思いますが、本ブログの活用法にも関わることなので興味があればお読み下さい。

てっちゃんはなぜモテないのか?

 AKB48の北原里英さんに始まり、ギャルモデルの今井華さん、グラビアアイドルの筧美和子さんと、新しい住人が増える度に新しい恋が始まるてっちゃん。

 しかし「男らしさが足りない」という理由からなかなか恋愛対象として見てもらえず、その恋が実る気配はまったく感じられません。

 男らしさを身につけるべく、プロサーファーの湯川正人さんや当時プロボクサーだった宮城大樹さんにアドバイスを求めるものの、ことごとく裏目に出るシマツ。

 例えば「いきなり手をつなぐ」「いきなり呼び捨てにする」といったアドバイスをそのまま実践して、玉砕してしまいます。

 正直に悩みを打ち明け、人のアドバイスを素直に受け止め、即座に実行に移す行動力を評価する女性もいるでしょう。そういうてっちゃんを好きになる女性は確実にいます。しかしそれは、「男らしさ」という魅力で好意を持たれているわけではありません。
 
 てっちゃんが男らしさを身につけるにはどうすればいいのでしょうか。

男らしさとはなにか?

 男らしさとは、「男らしい素振りを真似する」ことでも「男らしい口調を真似する」ことでもありません。(てっちゃんの例を見ればわかるように、むしろこれは逆効果です)

 端的に言うと「自分を持っている」ことです。自分(という存在)に自信を持っていて、心に余裕がある男性を、女性は「男らしい」と感じます。

 ここでいう自信とは、「自分は誰々よりもカッコイイ、優れいている」といった、相対的な見方で自己肯定するものではありません。人と比べることなく、自分の存在を自分で認めてあげられる自信です。

 てっちゃんは男らしくない自分に自信が持てず、男らしさを持ち合わせている男子にアドバイスを求め、それを従順に実行します。

・「そっか、いきなり手をつなぐと男らしいのか」
・「そっか、いきなり呼び捨てにしたら男らしいのか」

のように…(なんて素直な少年なんだ)

 しかしながら、こうした行為が男らしく見えるかどうかは、それをやるのが「誰か」に100%依存します。つまり同じことをやって男らしく映る人もいれば、気持ち悪いと捉えられる人もいるわけです。

 どんな行動であれ、重要なのは「それをすることが自分にとって自然である」という自信を持っているかどうか。

 その自信がないのに、付け焼き刃で似つかわしくないことをやっても効果は全くありません。

 そこに気づかず、次から次へと言われるがままに「男らしさ」を追い求めるてっちゃんは、やることなすこと全てが「男らしくなさ」を露呈することになってしまうのです。

てっちゃんが男らしくなるためには?

 どうすればてっちゃんは男らしくなれるのでしょういか。答えはシンプルです。

 まずは「人に弱みを見せることをやめる」こと。

 これは「強がれ」という意味ではなく、自分の心の内(にある弱い部分)を簡単に明かすべきではないということです。

 特に番組内では、自分が相談したことがオンエアで全て同居人に筒抜けです。番組の演出上あえてそうさせられているのか分かりませんが、何もかも自分をさらけ出すことは必ずしも恋愛に良い影響をもたらしません。

 むしろ自分で解決しようとせず、人に答えを求めようという姿勢こそ女々しくうつり、てっちゃんから「男らしさ」を奪っているとも言えます。

 テラスハウスでモテている男性(湯川さん、宮城さん)は、安易にメンバーに恋愛相談をしていません。(宮城さんは今井華さんと付き合う前はしていましたが、当時の彼の行動については男らしくないと評価する女性が多かったです)

 モテる男性は、自分(に自信)を持っているので答えは既に自分の中にあって、わざわざ弱みを見せて人にアドバイスを求めようとしません。この自立した態度が、男らしさを生んでいるわけです。

 てっちゃんに必要なのは「自立した大人の男になる」こと。そのためには、人に安易に相談することをやめて自分で考えて行動することです。

 自立している人に「どうすれば自立できるか」と聞いている内は、いつまで経っても自立できません。

 この点は、てっちゃんに限らず、一般の男性でもそのまま参考にすることができます。

 好意を向けている女性に対して簡単に弱みを打ち明けてしまうと、恋愛対象というよりは友達対象として見られやすくなります。

 普段弱みを見せることなく、男らしいという評価を得ている男性が、たまに弱みを見せるぶんにはプラスに働く可能性が高いですが、そうではない段階でいきなり弱みを見せてしまうと、ただの頼りない男性にしかなりません。

一人の女性に依存しない!

 次に重要なのは、「一人の女性に依存しない」こと。

 この点は「女性を食事に誘う時に押さえておきたい心構えとLINE作法まとめ!」でもお伝えしましたが、てっちゃんにも是非実践してもらいたいポイントです。

 てっちゃんは、一人の女性を好きになると他の女友達と分かりやすく態度が変わります。この素直さは彼の良いところでもありますが、相手のことを意識しすぎて言動が不自然になっていては、余裕のない男を露呈するだけ。

 男らしさを見せるどころか、女々しい男性と見られやすく、実る恋も実らなくなってしまいます。

 一人の女性に依存しないことが心の余裕を生み、どんな女性とも自然体で絡むことができるようになります。

てっちゃんから学ぶ当ブログの活用法

 では、この話が当ブログとどう関係するのでしょうか。

 当ブログでは、ナンパでの声のかけ方や、女性を食事に誘うメール法、一緒に食事に行った際のトーク法について、シミュレーションという形で具体例をお見せしながら紹介しています。

 たまにコメントでいただくのが、「こんな話し方でうまく行くはずない」「こんなメール気持ち悪い」といった内容です。批判的な意見は、基本的にシミュレーションに集まります。

 シミュレーションでは、私のトークやメールの文面を公開していますが、これは私のキャラクターや雰囲気、人となりがあるから成立するもので、当然「この話し方を一言一句変えずにいけばうまくいく」というものではありません。

 「初対面の女性に声をかけ、仲良くなるにはどうすればいいか?」について、コミュニケーションの本質を理解した上で、読者の方それぞれの人となりに合わせたカスタマイズが必要です。

 ここを勘違いしてしまうと、てっちゃんのように自分のキャラクターに合わない言動をそのまま実践して、違和感を持たれてしまうわけです。

 なのでこのブログで紹介するテクニックは、記事最後のまとめ(本質部分)を理解した上で、自身のキャラクターに合わせた言動に置き換えて実践して欲しいのです。シミュレーションは、その際の参考程度にして頂くのが良いと思います。

 そうすれば、無理なく実践できる自分だけのノウハウが生み出せるはずです。

 それでは、次回もお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でなべおつをフォローしよう!

友だち追加

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。
Category :
352 views