vol.8 渋谷で道に迷ってた美女に親切にナンパしてみる

vol.8 渋谷で道に迷ってた美女に親切にナンパしてみる

ナンパが無理なら道案内せよ!

 ナンパに抵抗のある人は、見知らぬ人に声をかけるのが恥ずかしいという(日本人特有?の)シャイな部分が災いしているからです。しかしこれは、慣れによって改善可能です。

 そのためのトレーニング方法はいくつもありますが、典型的なのが「道を尋ねる」あるいは「道に迷っている人に声をかける」というパターンです。

 今回は赤の他人に声をかけることに慣れるために、道に迷った美女に下心無しで声をかけてみましょう。 

本日のお相手


◆道に迷った方向音痴美女
◆20代前半
◆iPhoneあるのに迷うという天然ぶり 

シチュエーション

 渋谷で道に迷ってキョロキョロしている美女に声をかけてみましょう。

実践

なべおつ

こんばんは〜

女の子

??・・・(キョロキョロ)

なべおつ

お姉さん失礼しまーす!! いまからどちらへ??

女の子

あ、ちょっと友達と約束があって。

なべおつ

なるほど! それでお店の場所が分からずお困りだったと言うことですね!? かしこまりました私がご案内いたします! 私渋谷、得意なんで!

女の子

え、ほんとですか?? ココなんですけど。

なべおつ

ほう、宇田川カフェとはまたお姉さんこれオシャレなお店手配しますなぁ! チャラいもんです!

女の子

チャラくないです(笑)知ってますか?

なべおつ

お任せ下さい! もうすぐそこですねこれは。取り急ぎご案内しましょう! 渋谷はアブないですからね! お姉さんみたいなカワイイ子がウロウロしてたら変な男に捕まっちゃいますよ! 間一髪、私が見つけたからよかったようなものの!

女の子

いやいや。。(笑)お兄さんはアブナくないんですか?

なべおつ

もうぜんっぜん危険な要素ゼロでしょ! 醸し出す雰囲気からして完全にタダの冴えないサラリーマンでしょ!

女の子

まぁ、確かに(笑)

なべおつ

ちょっ、こらーぃ!! まるでオーラ無い扱いやめてもらって良いですか?(笑)

女の子

お兄さん面白いですね(笑)でも今日わたし約束あるんで、わたしに声かけてても意味ないですよ??

なべおつ

問題なすです! 純粋にお姉さんをお店までお送りして退散します!

女の子

ありがとうございます(笑)

なべおつ

ほな今回は残念ながら飲み行けませんけど、この奇跡的な出会いには乾杯しといた方がいいと思うんで、次回飲み会だけ念のため開催しときましょうか!

女の子

そうですねー。機会があれば。

なべおつ

えー! お姉さんまったく機会合わす気ないじゃないですか勘弁して下さい!

女の子

いやそんなことないですよ(笑)

なべおつ

ほな念のため連絡先だけ交換しておきますか! あるいはまた渋谷で奇跡的に再開するのを待つおつもり!?

女の子

そうですねー。そっちの方が良いかな(笑)

なべおつ

えーッ! まさかのそういう奇跡信じるタイプ!? かしこまりました。ほな念のため私の連絡先だけお教えしときますんで、奇跡なかなか起こらないけど飲んだってもいいかなーと思ったら連絡下さい! もしくは道に迷った時でも構いません!

女の子

わかりました(笑)

なべおつ

ほな宇田川カフェ楽しんで! またねー!




MISSION FAILED!!

 こういうこともあります。単に親切するだけで終わるというパターン。そもそも一人で道に迷っている子は友達との約束があるので、声をかけてもその日に飲みに行けることはほぼありえません。

 しかし下心で話しかけている訳じゃないという真摯な印象を与えられれば、次回につながる可能性は全然あるので、親切のつもりで声をかけてみましょう。

 それでは今回のポイントを確認します。
 

① 下心ゼロ無償の親切心で声をかける。

 ナンパが低俗だと言われるのは、性的な目的のみで女性に声をかけていると思われるからでしょう。そういう男性がいることも事実でしょうが、そんな下心丸出しでは成功させる方が困難です。

 「盛り上がって、相手の女性が許容してくれたら結果的に」というパターンはあるにせよ、それ目的で声をかけてる訳じゃないという心の余裕が必要です。

 なので道に迷っている子には純粋に道案内することを一義的な目的として声をかけてみましょう。
 

②「念のため」連絡先を聞いてみる。

 ナンパされてすぐ連絡先を交換するは抵抗がある女性がほとんどです。「念のため」という体で聞いてみて、すんなり教えてくれないようであれば、自分の連絡先だけ教えて立ち去りましょう。

 しつこく迫って強引に教えてもらうよりも、そっちの方が後につながる可能性が高いです。というかその体で行けば安心してもらえるので、結果的に向こうから教えてくれたりします。

③ 直球ではなく変化球から相手の本心を探る。

 「連絡先教えてよー」「えーなんで教えてくれないの?」とストレートにおねだりしていても相手を困らせるだけです。こういうときは、「連絡先交換しないとどうなるか」について語るのが有効です。

 「ここまで盛り上がったのにもう二度とコミュニケーションとれないのって寂しくない!?念のため交換しときましょう!迷惑だったらブロックしていいから笑」という体で聞いて、それでもダメだったら潔く諦めます。

 では、次回もお楽しみに!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1