vol.34 渋谷でナンパした女の子から連絡先をゲットしてみる。

vol.34 渋谷でナンパした女の子から連絡先をゲットしてみる。

ナンパトークで「笑い」を引き出すには?

 「ナンパを成功させるために越えなければならない3つの壁」では、壁①と壁②をクリアすれば連絡先までは簡単に入手できるというお話をしました。

 つまり話しかけた相手が「反応してくれて(壁①)」、そこからの会話で「笑わせる(壁②)」ことができれば、連絡先はかなりの確率でゲットできるということです。

 今回は、具体的にどのような流れで連絡先を聞き出せばいいのか紹介します。

本日の登場人物


◆お色気ホクロ美女
◆20代前半
◆優しそう

シチュエーション

 渋谷で終電の時間帯にスクランブル交差点付近にいた美女をナンパしてみる。
 

実践

なべおつ

こんばんはー!

女の子

・・・。

なべおつ

ムシッ!!! お姉さん今からどちらへ? もしやお友達とお約束??

女の子

そうです。

なべおつ

えー! こんな時間から待ち合わせなんて完全クラブコースじゃないですか! チャラいもんです!

女の子

クラブじゃないです(笑)友達と飲みにいくんです。

なべおつ

なるほど! お仕事後に渋谷で落ち合う的な流れですか! ほなせっっかくなんで私も一緒に参加させていただく運びでもよろしいですか??

女の子

いやよろしくないです(笑)

なべおつ

えー! そんなキッパリな断り方つらいもんです! もしやお友達って男性というチャラパターン?

女の子

いや、女の子ですけど(笑)

なべおつ

まじっすか! ほな全然わたくしガールズトークいけちゃうクチなんで、取り急ぎ3人で恋愛トークに花咲かせちゃいますか! 実際女の子で朝までトークより男性スパイス盛り込んどいた方がいいと思いません?

女の子

いや、大丈夫です(笑)

なべおつ

まじですかー。。了解です! ほな今回はお二人のお邪魔はしちゃいけないということで諦めますんで、後日改めてガールズトーク飲みさせて頂くと言うことで宜しいですか?

女の子

え?(笑)

なべおつ

いやーせっかくここまで仲良くなったんで、念のため連絡先だけは交換しておきましょ! いくらなんでもこのまま二度と会えないなんて寂し過ぎるでしょ?

女の子

いや、別に…(笑)

なべおつ

っえーー!! ここまで仲良くなっておいて殺生なもんです! まぁまぁ、ここは念のためLINEだけいっときましょう! もしめんどくさくなったらそっこーブロックしてくださって結構なんで!

女の子

まぁ、じゃあ…(笑)

なべおつ

ほな取り急ぎ失礼しまーす! 私ID入力しますよ!

女の子

あ、はい(笑)

なべおつ

おけ、完了しました! 私「なべおつ」って言うんで忘れないでね? 直近でまたお誘いしますんで!

女の子

あ、はい。わかりました。

なべおつ

ほな今夜はお友達とのガールズトーク楽しんで! 気をつけてねー!

MISSION COMPLETE!

 見事連絡先ゲットしました!

 「しつこ過ぎ!」「相手嫌がってるじゃん!」と思われたとしたら、それは単なる私の表現力の問題です(笑)

 今回は相手の反応から「連絡先まではイケる」と思って押し通しました。

 基本的にナンパでの誘いに明確な「Yes」を言う女性はほとんどいません。誰だってそんな軽い女に思われたくないから当然ですよね。

 なので「ちょっと押せばイケそうなのか」、「本当に嫌がっているのか」というのは、相手とのコミュニケーションから自分で感じ取る必要があります。冷笑はNG。微笑以上の笑いがとれれば「アリ」だと思いましょう。

 それでは、今回のポイントです。

① 話しかけて笑わせれば連絡先までは聞ける

 ナンパを嫌がる女性は、話しかけられても徹底的にムシするし、逃げるように足取りが早くなったり、ピクリとも笑わなかったり、まったく隙を与えてくれません。

 逆に言うと、話しかけて会話が成立する相手であれば、会話から笑いを生むだけで連絡先までは聞き出せる可能性が高いのです。

 まずは「ナンパを成功させるために越えなければならない3つの壁!」で紹介した壁①、壁②を突破することを意識しましょう。

② 飲みの誘いを断られてから連絡先を聞く

 とはいえ、飲みに誘うより連絡先を聞き出す方がハードルが低いというわけではありません。むしろ逆。いきなり個人情報を聞くと相手の警戒心は解きづらくなります。

 順番としては、壁①、②を突破して飲みに誘ってみて、それを断られたら「(ここまで仲良くなったんだから)じゃあ連絡先だけも!」という流れにしましょう。

 飲みに誘う過程でのコミュニケーションで仲良くなるからこそ、その後に連絡先を聞き出しやすいのです。ほとんどコミュニケーションをとれていないのに連絡先を聞いても教えてもらえることはありません。

 また「飲みに行くのは潔く諦めて次回に持ち越す」という姿勢も、相手に安心感を与えるので連絡先を聞き出すのにプラスに働きます。

③ 普通のことを面白おかしく言えばいい

 「初対面の人を笑わせられるほど自分はギャグセンスが高くない」と思われる方もいると思いますが、プロの芸人のように面白いネタやギャグで笑わせる必要はまったくありません。もっというと「爆笑」は必要ありません。

 シミュレーションを見て頂くと分かる通り、私はまったく面白いことは言っていません。普通のことをちょっと言い方を変えて面白おかしくして、ツッコミどころを与えてるだけです。

 この会話で「爆笑」されることはありませんが、そのノリやくだらなさにクスッとしてくれる人は多いです。ナンパで必要な笑いはこの「クスッ」で十分。クスッの積み重ねで「面白い人」と思われれば、成功にかなり近づきます。

 壁①②をクリアできたと判断したら、この聞き出し方を使って連絡先までは確実にゲットするようにしましょう!

 それでは、次回もお楽しみに!

友だち追加

【11,000部突破】このブログが書籍化されました!

ナンパなんてできないという人へ...

 私は路上でナンパするのが好きなので、ネットでの出会いやマッチングアプリにはまったく興味がありませんでした。

 ナンパであれば、ビジュアルが自分好みの女性に直接アプローチをかけて、その日のうちに飲みに行ったりできるのに、「なんでわざわざお金を払って、サクラかどうかも分からない相手と、メッセージのやり取りをして仲良くなってから出会わないと行けないのか」と思っていたんですね。

 実際、出会い系アプリだと「いきなり会おうとする男はヤリモクだから無視する」とか「会ってみてネットワークビジネスの勧誘だったら嫌だからちゃんと見極めてから会いたい」のように、会うまでのハードルを高く設定する女性が多いのがふつうだと思います。

 なのでこれまでまったく興味をもっていなかったのですが、同世代の女友達たちがふつーに「pairs」に登録してて、しかもガッツリ使って「3人と会った」「5人と会った」「ヤッちゃった...」みたいなことを言ってくるので、私ビックリしてしまったわけです。

 外見もふつうに可愛くて、出会い系アプリを使わなくてもぜんぜん男が寄って来るであろう女の子たちなのに...。

 女性は無料なので使いはじめるハードルが低いし、リアルでの出会いが少ない人にとっては、ヒマつぶし程度で適当にやり取りし始めて、気の合う人とだったら会ってもいいと考える流れは、十分にありえるようなのです。

 なので、街中で女性に声をかけるなんてできないという人は「pairs」「Tinder」「CROSS ME」のようなマッチングアプリを使ってみるのもアリかもしれません。

 実際に成果が出たら、ぜひエピソードを聞かせてください。

pairs1