【完全版】成功するナンパ・恋愛テクニック大全

渋谷の「本当に美味しい」焼き鳥屋さんに行ったら10分で後悔した話

私、大学生時代からの仲良し3人グループ(男2、女1)がありまして、よく3人で飲みに行くんですね。

そのなかの女の子には可愛い大学生の妹がおりまして、よく写真を見せつけられながら自慢されていたわけです。

「そんなに自慢するならうちらの飲みにも呼んでよ!」とお願いしたことがきっかけで、昨日初めて一緒に飲みに行くことになったんです。

妹さんは焼き鳥が食べたいということだったので、美味しい焼き鳥屋さんに連れて行くことになりまして。

渋谷のおいしい焼き鳥屋といったら「山家」くらいしか知らず、味はまちがいなくオススメできるのですが、さすがにキレイ目系の女子大学生を、煙まみれでお世辞にもキレイとはいえないくたびれきった内装の、蛍光灯が照りつけるような明るさのおっさん系居酒屋に連れて行くわけにもいかず(もちろんその”味”があるところがいいのですが、女性とのデートには確実に不向き)、他のお店を探すことにしたわけです。

焼き鳥がおいしくて、女性でも入りやすいオシャレもしくは落ち着いた雰囲気のお店など探したこともなかったのですが、一つ、思い浮かぶ候補がありました。

それは道玄坂で「本当に美味しい焼き鳥を食べたことがありますか?」という挑戦的なメッセージをデカデカと掲げた、外観オシャレで一見焼き鳥屋さんには見えない装いのお店です。

渋谷のカフェを何軒もハシゴしながら仕事をすることが多い私は、マークシティや道玄坂付近もよく散策しているので、以前から「このお店はどういう焼き鳥屋さんなんだろう」と気になっていたんですね。

個人的には、こういう挑戦的なキャッチコピーを大々的に掲げるお店にアタリはないと疑ってかかるタイプなのですが、見た目オシャレな感じで女性でも入りやすそうだったし、食べログも3.37とそこそこの点数だったので、まぁ極端に外すことはないだろうと踏んで予約したわけです。

相手大学生だしね、そんなに店選びのハードルを高くしなくても大丈夫だろうと安易に考え、気になっていたお店を開拓するという意味でもいい機会だと思って決めてしまったわけです。

結果としては、入店10分でこのお店に決めたことを後悔するくらいにダメでした(笑)いや、焼き鳥の味自体は悪くなかったんですが、サービスの質というか居心地の悪さというか。。

まぁ(店名は出さないにせよ)公開でネガティブコメントを書くのもあれなので、以下は有料情報とさせていただきます。

この記事は有料記事です。
今すぐ登録して続きを読む
> ログインして続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。