【完全版】成功するナンパ・恋愛テクニック大全

ガールズバーで一番やってはいけないことをやってしまい、すべてを失った話

笑ってください。

ガチ恋並みに惚れ込み、通い込んでいたガールズバーの店員さんとの関係が、たった一つの過ちによってものの見事に粉砕しました。。

4回ほど訪問して、費やした金額は合計10万円弱。。

アホすぎる。。

自分を呪ってやりたい。。

結論から言えば「自業自得」の一言なんですが、なかなか釈然としない、不完全燃焼きわまりない終わり方をしてしまいました。

同じ過ちを二度と繰り返さないため、そしてみなさんにも同じ過ちをしていただきたくないためにも、ここに記しておきます。

過去の記事を読んでくださっている方はお分かりと思いますが、わたくし渋谷で3軒のガールズバーに行ったことがあり、そのうち2軒の女の子とはプライベートでも飲みに行ける関係になっていました。

その2軒のうち1軒の子に一番入れ込んでいたのですが、それが見る影もないほどに玉砕してしまったのです。。orz

原因は「会計でごねる」という最悪の一手をかましてしまったため。

それだけでなく、支払いを終えてお店を出てから、LINEで会計の明細を確認するというしつこさも発揮してしまいました。

だって男2人で2時間ちょいいただけなのに、10万円も請求されたんですもの。。

シャンパンを開けたわけでもなく、客側は飲み放題で、女性には1杯2,000円のドリンクをごちそうしていただけなのでそんなに高額会計になるなんて信じられず。。

LINEを送るときは、あまりの高額請求に驚きと落胆があり、いやいや2時間ちょっといただけで10万円とか有り得ないでしょ……という怒りから、「もう二度と行かないからいいや」という覚悟でクレームLINEを送ろうとしました。

多少は躊躇したし、後悔するかもしれないという考えは頭の中にありました。

というのも、何を隠そう私自身がブログやnoteで、「好意を持っている相手に対して、一時の感情に流されて関係を切るような対応をしても、結局後から後悔するからやめたほうがいい」と発信してきたからです。

しかしその時は、不明瞭会計で10万円も請求されたことへの不信感と、逆にここでスパッと切って、今後無駄なお金を使わなくなるようにしたほうがいいという判断もあって、嫌われてもいいから送ってしまおうと決めたのです。

でも、やっぱり結局後悔しました。。だって、怒りのLINEを送ったことで得られたことって何一つないんですもん。。失ったことしかない。

10万円(厳密には男2人で割って1人5万円)払っても、関係が継続できていれば後から挽回できるチャンスはあります。でも、感情に流されて関係を切ってしまったら、それまでかけたお金は全て水の泡。

ブログやnoteで何度も偉そうに語ってきてたのに、あまりの高額請求に冷静さを失い、自分でやってしまいました。。

LINEのやりとりでは、その女の子は謝ってくれたんですが、もうそこまで。

その後は何を送っても既読すらつきません。

ブロックされた可能性が高いです。

しかも後から計算してみたら、結局10万円分飲んでたんですよね(苦笑)

そこが一番みっともなくて情けなくて申し訳なくなった理由です。

今は時間も経って落ち着きましたが、めちゃめちゃタイプの女の子だっただけに、もう二度と会えないのかと考えると、感情に任せて行動したことを後悔しています。

とはいっても、私のモットーは「人間関係はどれだけこじれても最終的には時間が解決してくれるから諦めない」であり、徹底して「待つ(時間を置く)」ことができる男なので、まだ諦めてはいません笑

ただの未読スルーではなく、ブロックされていたらもうどうしようもないんですが、未読スルーであれば時間が経てば挽回できる可能性はあるので、長期戦で考えて、忘れた頃にまたお誘いLINEでも送ってみようと思います。

お金、効率、時間など、恋愛において何を重視するかによりますが、私の中では、やはりどんな状況でも「関係を切る」という選択肢は絶対にとるべきではないという結論に改めて至りました。

しかも今回の場合、言ってみればたかだかお金ですからね。。あまりにも器が小さく、懐が狭く、情けない行動をとってしまったなと反省しきりです。

二度と同じ過ちを犯すことがないよう、ここに記しておきます。

読者のみなさんも、もし私と同じタイプであれば、後悔しないよう、絶対に酔った勢いや一時の感情に流されて、誤った判断をすることのないようにしてください。

たいていの場合、その日の夜だけ我慢して乗り越えれば、朝には冷静な頭で自分にとって一番メリットのある選択ができるようになります。

もし言いようのない怒りを誰かにぶつけないと耐えられないときは、私にDMしてください。

話を聞くだけならできるので、それを怒りのはけ口にして、女の子に当たることだけは避けるようにしましょう。

その女の子とは以前焼肉を食べに行ったときに、次は沖縄料理屋さんに行きたいという話だったので、タイミングを見て企画しようと思ったんですよね……それも今回の一見でパァです。

あーあ、なんて愚かなことをやってしまったんだ。。


と、ここまで書いていたのが今年の2月です笑

なかなか文章がまとまらず、そのまま下書き状態で時間が経ってしまったのですが、実はその後、向こうから連絡が来て、奇跡的に関係が復活しました…!!

やはり「人間関係は、どれだけこじれても最終的には時間が解決してくれる」というのは正しい。

このエピソードについては次回!

LINEブロックされたかもしれない相手から返事をもらうテクニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。