人生初・水着ガールズバーへ行ってきた。




人生初・水着ガールズバーへ行ってきた。

前回、キャバクラに行ったときの記事を書きましたが、今回はガールズバーへ行った時のお話です。

先日Pくんと渋谷で飲んだ後、次のお店を探そうと歩いていると、ものっすごくかわいい東南アジア系ハーフの女の子がパネルを持って立っていたんです。

その子は目がくりっと大きく、歯並びが綺麗で笑顔が可愛く、身長は小さめで、完全に私の好みの女の子でした。

パネルを見ると「水着の女の子と一緒に飲める」の文字が。

普段はバニーガールの格好をして接客するタイプのガールズバーのようですが、どうやら7〜8月限定で水着に衣装チェンジしていたようです。

「経験したことがないことを経験したい(そのためならお金はある程度かかってもよい)」という価値観のPくんは、酔っていたノリもあり、水着ガールズバーに興味津々となり、とりあえずワンセットだけでも行ってみようかという話になりました。

先日のキャバクラは1セット90分で1万円でしたが、ここのお店はガールズバーということもあり、1セット40分3,000円とリーズナブル。しかも飲み放題です。

それくらいの金額なら、とりあえず入ってみて微妙だったらすぐに出れば大した痛手にはならんだろうということで、その女の子を指名してお店に入ってみることにしました。

ちなみに店内で指名すると指名料1,000円(だったかな?)がかかるようですが、店外から指名すればそれはかからないようです。

お店に入ってから説明を受け、チャージ料は40分3,000円。お客さんは飲み放題だったものの、女の子にドリンクをご馳走する場合は、追加で1杯1,000円かかるということでした。まぁそりゃそうですよね、そうしないと売り上げ伸びないですもんね。。

飲み放題なのはありがたい反面、女の子に飲ませずに自分たちばかり飲んでるわけにもいかないので、わしらが(飲み放題で元を取ろうと)グラスを空にすればするほど、そのタイミングで向こうも空にしてくるから一緒に頼まざるをえず、どんどん課金されて行くというドツボにはまりそうになりました…(笑)顧客心理を巧みに捉えたうまいビジネスモデルだなと思います。

まぁべらぼうに高い値段でもないし、ガールズバーだからそんなもんだろうと割り切り、とりあえず40分は楽しむことにしました。

お客さんの目の前で服を脱ぐ演出

客引きの際は黒のTシャツにデニムの短パン姿だったその子は、席に着くなりいきなり脱ぎ出そうとしました。裏で水着になって出てくるかと思ったのに、お客さんの目の前で脱いでくれるサービスっぷりにおじさん2人は大興奮。

しかしながら何の恥ずかしげもなく脱がれてもドキドキしないので、スケベ心丸出しのわれわれおっさんは、「ちょちょちょ、待っていきなりなんの抵抗もなく脱ぐのやめて(笑)もう少しTシャツのままで話してから、よきタイミングでゆっくり脱いでもらってもいい?」とか言って、お客の立場を利用してスケベシチュエーションを存分に味わうべく、めんどくさいお願いをしました。

下に水着を着ているとはいえ、20代の女の子が目の前で服を脱ぐ姿をじっくりと見つめられるというのは、その時点で3,000円の価値はあるでしょう。7、8月限定というだけあってサービス満点です。

とはいえ、実際水着になってからカウンター越しに話そうとしても、まじまじとカラダを見つめながら話すわけにもいかず、結局はお顔を見てお話しするため、水着である意味はほとんどありませんでした(笑)

話自体は当たり障りのないもので、「いつから働いてるの?」とか「将来何になりたいとかあるの?」など女の子に質問して話を聞く姿勢で、こちらからセクハラめいた発言はしませんし、女の子には私たちがお代わりをするタイミングでお酒をご馳走するし、ふつうに良客だったと思います。

2人目の女の子が襲来